ワイズカップ2015|彩湖4時間エンデューロイベント体験レポ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Y’sRoadアウトレット、イベントブース、飲食ブース、女性向けロードバイク、コスプレ特別企画を紹介

12月6日(日)埼玉県戸田市にて、第5回ワイズカップ彩湖4時間エンデューロが行われました。

 

今回のワイズカップには、チームブリヂストン・アンカーの椿大志さん、寺崎武郎さん那須ブラーゼンの佐野淳哉さんも参加されました。

 

またゲストライダーとしてちゃりん娘、ガールズケイリン、林檎蜜紀さん、綾川ゆんまおさん、競輪トップ選手である小嶋敬二さん、明珍裕子さん、小川美咲さん、東口純さん、飯田よしのさんも登場しました。

ワイズカップ彩湖4時間エンデューロレポート

まず大会についての説明、コースの変更について話されました。

 

上の写真右から2番目の赤髪(弱虫ペダル鳴子章吉)のコスプレをしているのが綾川ゆんまおさんです。

 

最後に、ちゃりん娘の太郎田水桜さんが宣誓をして開会式は終了となりました。

f:id:BJnet:20151208134954j:plain

 

 Y’sRoadアウトレット会場の様子

ウェアや小物などが格安で販売されていました。

 

アウトレットを楽しみに来ている方も多かったのではないでしょうか。

ワイズカップ彩湖4時間エンデューロ Y’sRoadアウトレット会場

品数が多いこともあり、アウトレットブースは長蛇の列でした。

 

一時入場制限もされていました。

 

LOVE bicycle SAITAMA|イベントブース

イズカップ彩湖4時間エンデューロ イベントブース

アンケートに答えるだけで無料でもらえるトートバックも有りました。

 

会場内にいる多くの人がこのバックを持っていました。

LOVE bicycle SAITAMAとは、埼玉県が展開している広報キャンペーンです。

 

埼玉県は自転車発掘の地と言われており、自転車の楽しさと埼玉の魅力を全国に発信するというのがLOVE bicycle SAITAMAも目的です。

www.potabiyori.com

 

ワイズカップ会場|飲食ブース

ワイズカップ彩湖4時間エンデューロ 飲食ブース

ワイズカップでは飲食店ブースも沢山あり、会場をいい香りで包み込んでいました。

 

レースで疲れた体、冷えた体を温めてくれるような食べ物も沢山あり、特に肉巻き、ケバブ、たこやきなどに目を引きました。

ワイズカップ彩湖4時間エンデューロ 飲食ブース

ワイズロードは待機もすべて屋外で寒いので、温かい食べ物があると本当に助かります。

 

会場内においしそうな肉の匂いが蔓延していました。

ワイズカップ彩湖4時間エンデューロ 飲食ブース

 

女性向けロードバイクも盛りだくさん

女性でも乗れるような可愛らしいロードバイクも多数出店されていました。

女性向けロードバイク レディースクロモリ

上の画像の自転車は、レディースクロモリロードバイクです。

 

このバイクは、なんと身長145cmから乗れるそうです。低身長だから合うロードバイクがないと諦めていた女性にとっては朗報です!

女性向けロードバイク

淡いパープルで可愛い上に、ロゴもハートが使われていたり、女性目線で造られています。

女性向けロードバイク

他にも、女性でも乗りたくなる可愛いカラーやデザインの自転車が沢山ありました。

女性向けロードバイク CX-ZERO ALU105

COLNAGOのCX-ZERO ALU105です。ピンクだけれど派手すぎず、いい感じでした。

女性向けロードバイク ANCHOR RNC

こちらはANCHORのRNC7です。

女性向けロードバイク ANCHOR RFA5W

同じくANCHORのRFA5W。ベースは黒ですが、ピンクのラインがアクセントになっています。街乗り自転車でお馴染みLOUIS GARNEAUも出展していました。

女性向けロードバイク LOUIS GARNEAU

女性向けロードバイク LOUIS GARNEAU

自転車初心者な私は、LOUIS GARNEAUにパステルカラーのイメージがあまりなかったのですが、意外にも淡いカラーのバイクが多くて驚きました。

 

白地にピンクの文字、上品で可愛い色合いとデザインになっています。

女性向けロードバイク LOUIS GARNEAU

逆の組み合わせもありました。

 

これなら女の子でも気軽に乗れそうです。

 

ワイズカップ試乗コーナー|乗り比べみた

ワイズカップ試乗コーナー

上に挙げたロードバイクも含む、たくさんの種類の自転車が試乗可能となっていました。

 

試乗受付用紙を記入するだけで、誰でも試乗できます。車種によっては待ち時間ゼロですぐ試乗できるロードバイクもあり、これから購入を考えている人には乗り比べができるのは大きなメリットです。

 

TREKのEMONDA SLR 8 H2を試乗してみた

TREK EMONDA SLR 8 H2

人気ブランドのTREK(トレック)ですが、待ち時間無しで試乗することができました。

 

ロードバイクを持ち上げてみると物凄く軽く女性でも楽々と持ち運び、輪行できそうです。

 

PINARELLO GAN RSに試乗してみた

PINARELLO GAN RS
私個人の感想ですが、TREK(トレック)はハンドルが軽すぎてグラグラしやすかったです。

 

ロードバイク上級者の人にとっては何ともないのかもしれませんが、初心者な私にとっては怖くて運転しづらかったです。一方のPINARELLOは、TREKほど車体が軽くはないのですが安定して走ることができました。

 

コスプレモード×Y’sRoad|コスプレ特別企画

コスプレをしてエンデューロに参加している人たちが多く見受けられました。

 

ロードバイクのイベントなので、やはり弱虫ペダルに扮している人が多かったです。

コスプレモード×Y’sRoad

広島呉南工業高校のエース待宮栄吉に扮した、鍋じるさんです。2年ほど前に、弱虫ペダルがきっかけでロードバイクにハマり、今はBIANCHIのSEMPREを愛用しているそうです。

 

彩湖エンデューロは今年2回目の参加だそうです。

コスプレモード×Y’sRoad

コスチュームの背中にキャラクターの絵が描いてあったのですが、こちらはなんと弱虫ペダルの作者、渡辺航さんにサイクルモード2015で会った際に直筆で描いてもらったとのことでした。

 

コスプレモード×Y’sRoad

弱虫ペダルの舞台 総北高校の皆さんが勢ぞろいです。左からうらさん(小野田坂道)、水無月潤さん(巻島裕介)、水野泡沫さん(今泉俊輔)、ぷるぽさん(鳴子章吉)です。

 

4人はanimateのイベントなどで知り合ったそうです。

 

巻島裕介に扮する水無月潤さんは、去年の春からロードバイクにハマり、Y’s Roadで購入したBIANCHIを愛用していて、ロードバイクには16万ほど今までかけてきたそうです。

コスプレモード×Y’sRoad

弱虫ペダルの登場人物たちはまだまだいました!

 

(右から)小野田坂道、巻島裕介のコスプレです。編集長いっしーが一緒に写真撮ってもらいました。

コスプレモード×Y’sRoad

 弱虫ペダル以外のコスプレをされている方も大勢いました。

 

アイドルマスターのコスプレをされています。

 

この後パフォーマンサーとしてイベントのステージにも登場していました。左から、ぱーるさん、Hikaruさん、せつなさんです。こちらの3人は現在ロードバイクは所有していないそうですが、今回のイベントでの試乗を楽しみにしていたそうです。

コスプレモード×Y’sRoad

ラブライブのコスプレをした景虎まよこさんです。

 

景虎まよこさんもインタビューした後、ステージに出て会場を盛り上げていました。

 

現在ロードバイクは所有しておらず、ロードバイクにはかっこいい、速いというイメージを持っているそうです。

コスプレモード×Y’sRoad

女性だけでなく、男性のコスプレイヤーの方だたもいました。

 

集団でコスプレしていてひときわ目立ったのでインタビューさせてもらいました。

コスプレモード×Y’sRoad

コスプレネームなどは特にないそうです。

 

BIANCHIのSEMPRE PRO、TREKにそれぞれ乗っているそうです。

 

東方プロジェクトのコスプレをされています。写真左側のうのきちさんはGiantのTRCを愛用しているそうです。ワイズロードへの参加は今回が初めてで、今までツールドつくば、GSRカップなどに出場されたそうです。

 

こんなにポップなコスプレをしていますが、1000人規模の大会で入賞経験のある方、オーダーメイドのロードバイクに乗っている方もいて、実力派コスプレイヤーの皆さんでした。

コスプレモード×Y’sRoad

走者交代するためのピットコースにて、スターウォーズのストームトルーパーに扮した、TOR地球征服軍の方々に遭いました。

 

全9人のメンバーの中にはロードバイク歴6年のトルーパーもいるそうです。

 

毎回ちがう格好でレースに出ていて、今までにヤッターマンやショッカーのコスプレをしてきたそうです。次回は何を着てくれるのか楽しみです!

コスプレモード×Y’sRoad

閉会式にて、Y’s特別賞を受賞されました。

きちんと整列して登場してきて、最後までクオリティが高かったです!

 

 

まとめ

ロードバイクに接し始めたばかりの私にとって今回のワイズカップではたくさんの刺激をもらえました。実際にロードバイクに乗ってみて違いを感じることもでき、多くの参加者と直接関わってみて雰囲気を知ることができました。

 

エンデューロをしに来ている人、コスプレを楽しみに来ている人など、様々な目的で参加している人がいましたが、どんな人でも楽しめるような、内容が盛りだくさんのイベントだったと思います。

コメントを残す

*


*

Optionally add an image (JPEG only)