都心で気軽にロードレース観戦│湾岸クリテリウム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

photo:m.shimizu

7月31日に開催された、JBCF湾岸クリテリウム2016の観戦に行ってきました。都心で開催されるロードレースは、ツアー・オブ・ジャパンの東京ステージ以来で、Jプロツアー(日本ロードレース界の最高峰のシリーズ戦)では唯一の都心での開催です。

レース観戦は初心者でも楽しめるレース

ロードバイク,湾岸,クリテリウム,レース

ガンダム像の前からレーススタート。普段のレースではなかなか見られない光景です。

湾岸クリテリウムの会場は、東京都シンボルプロムナード公園(お台場)で行われます。1周800mの特設周回コースが設けられての開催です。行楽客や観光客が多く集まる場所でもあるので、普段ロードレースを知らない人たちの目に触れて、興味を持ってもらうことも狙いです。

 

クリテリウムというレースは、短い周回コースを作りそこを何周も回って競うレースなので、選手との距離が近く、また何度も目の前を走るためロードレースを初めて観戦する人や家族連れの方も気軽に楽しめます。

宇都宮ブリッツェン,ロードバイク,クリテリウム

宇都宮ブリッツェンの阿部嵩之選手が観客とハイタッチ。photo:m.shimizu

コースがコンパクトなので、日本で開催されるクリテリウムのレースの場合、出走人数を絞るため予選と決勝と分けて開催されることが多いです。

湾岸クリテリウム,お台場,自転車,ロードバイク

選手のスタート前には、たくさんのプレスの人たちが。photo:m.shimizu

湾岸クリテリウムの場合、予選は1組40人までとし3組に分け、30周(24km)で争われ、決勝に進めるのは各組13人とかなり厳しい設定になっています。

 

決勝は予選を勝ち上がった39人の選手たちが40周(32km)で戦います。

お目当ての選手が予選を勝ち上がると、予選と決勝で2回応援出来るというわけです。

お台場,クリテリウム,ロードバイク,ロードレース

予選1組目には雨が降る場面も。photo:m.shimizu

 

レースの合間のお楽しみも満載

湾岸クリテリウム,お台場,宇都宮,レース

photo:m.shimizu

スポンサーやチームの応援グッズなども配られ、会場の盛り上げに一役買っていました。

 

スポンサーブースではサイン会などのイベントも開催されていました。

マビック,レース,クリテリム,mavic

レース会場の周辺では、自転車関連の各種メーカーも出店されて、最新バイクの展示や試乗会なども開催されていました。

決勝レースは雨の中でゴール

キナンサイクリングチーム,伊丹健治選手,クリテリウム

先日、今シーズンで引退を発表したキナンサイクリングチームの伊丹健治選手。photo:m.shimizu

39人でスタートした決勝レースは目まぐるしく天候が変わり、厳しいレース展開になりました。

シマノレーシング,入部正太朗,キャプテン,湾岸

シマノレーシングの入部正太朗キャプテン。photo:m.shimizu

コーナーで少しでも前へと攻める選手たち。応援している私達もハラハラします。

この頃には横殴りの雨が降ってきていました。

ロードバイク,クリテリウム,湾岸,お台場

photo:m.shimizu

優勝はチーム右京のジョン アベラストゥリ イザガ選手でした。

wangan,criterium,湾岸,クリテリム2016

Photo:m.shimizu

湾岸クリテリウム,結果,大会,優勝

photo:m.shimizu

2位は宇都宮ブリッツェンの阿部選手(左)、3位は同じく宇都宮ブリッツェンの鈴木選手(右)でした。

宇都宮,ブリッツェン,阿部選手, 鈴木選手

photo:m.shimizu

今回2位と3位に入った、宇都宮ブリッツェンがレースで使用しているバイク。

フレームはメリダ、コンポーネントとホイールはシマノを使用しています。

メリダ,ロードバイク,自転車,パワーメーター

photo:m.shimizu

 

レース観戦を終えて

比較的来場しやすい都心での開催ということで、予選からたくさんの観戦者が見られました。朝から気温が高く非常に暑い1日でしたが、大型ショッピングモールが隣接しており休憩を取るのにも便利でした。

 

非常にコンパクトな会場でレースアナウンスも聞き取りやすく、選手の走りを間近で見ることもできるので、レース観戦初心者の方にもおすすめのレースだと思いました。

今回のようなJBCF主催のJプロツアーは全国各地で開催されています。ぜひ興味をもたれた方はぜひホームページをチェックしてみてください。

全日本実業団自転車競技連盟:http://www.jbcf.or.jp/