2019ツアー・オブ・ジャパン!第7ステージ(伊豆)はパブロ・トーレス・ムイノ選手が優勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大の自転車ロードレース、2019ツアー・オブ・ジャパン!(TOJ)

大阪から東京まで、移動しながら毎日レースが行われた8日間。今回は第7ステージ(伊豆)についてお届けします。

第7ステージ(伊豆)

5月25日に行われた第7ステージは、日本サイクルスポーツセンターの周回コースを10周する122キロのコースで争われました。

2020年の東京オリンピック(TOKYO2020)では、日本サイクルスポーツ内のベロドロームが自転車トラック競技の会場となります。

起伏に富んだコースレイアウトで過去には多数のタイムアウト選手を出したステージ。上位を狙う選手にはもちろんのこと、明日の東京ステージに狙いを定めるスプリンター勢にとっては完走を第一目標とするステージでもあります。

スタートラインの前列にはリーダージャージ着用選手が整列します。

左から、25歳以下新人賞を繰り下がりで着用するドリュー・モレ選手(トレンガヌ・INC・TSG・サイクリング・チーム)、個人総合時間賞のクリス・ハーパー選手(チーム・ブリッジレーン)、ポイント賞のレイモンド・クレダー選手(チーム右京)、山岳賞のフィリッポ・ザッカンティ選手(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ)。

レース序盤に8名の逃げができます。

その中には前回総合優勝のマルコス・ガルシア・フェルナンデス選手(キナンサイクリングチーム)やベンジャ ミ・プラデス・レヴェルテル選手(チーム右京)などの有力選手が含まれていたため、これを脅威に感じたリーダーチームのチームブリッジレーンがメイン集団を牽引。

強力な牽引で3周目には先頭の8名を捉えます。

その後、総合成績に関係のない選手で構成された8名の逃げができ、それが容認されます。そこまでの強力なペースアップなどでメイン集団は大幅に人数を減らしています。

最後方には明日の東京ステージのために今日の完走を目指す、スプリンターを中心としたグループもできていました。

その後、8名の逃げ集団からフェデリコ・ズルロ選手(ジョッティ・ ヴィクトリア・パロマー)が飛び出します。

フェデリコ・ズルロ選手(ジョッティ・ ヴィクトリア・パロマー)・逃げ集団7名・メイン集団・後方にいくつかの集団、となります。

6周目に入り、メイン集団がスピードを上げて前を捉えようとし始めたタイミングの下りで落車が発生。

富士山ステージで4位に入り日本人総合1位につけている増田成幸選手(宇都宮ブリッツェン)や、南信州ステージまでポイント賞ジャージを着用していた窪木一茂選手(チームブリヂストンサイクリング)も巻き込まれてしまいます。

アシスト選手が増田選手(宇都宮ブリッツェン)を待ち、元の集団に戻ろうと追走する姿が見られました。

8周目で、先行するフェデリコ・ズルロ選手(ジョッティ・ ヴィクトリア・パロマー)を7名の第二集団が吸収。9周目には、メイン集団から飛び出した10名の追走集団も合流。

最終周回にはパブロ・トーレス・ムイノ選手(インタープロサイクリングアカデミー)が 単独でアタック。

総合時間賞に関わらないパブロ・トーレス・ムイノ選手(インタープロサイクリングアカデミー)。そのため、力のある選手の追走はなく、そのまま逃げ切っての単独ゴールとなりました!

おめでとうございます!!

 

  

この日はハードなレースに加えて、真夏のような太陽が照りつけました。

 

第7ステージ(伊豆)結果

1位 パブロ・トーレス・ムイノ(インタープロサイクリングアカデミー) 3時間35分58秒

2位 ベンジャミン・ヒル(リュブリャナ・グスト・サンティック) +11秒
3位 ホセ・ヴィセンテ・トリビオ・アルコレア(マトリックスパワータグ) +11秒

 

総合時間賞はクリス・ハーパー選手(チーム・ブリッジレーン)がキープ。

翌日の東京ステージはタイム差なしの集団ゴールが予想されるので、伊豆ステージの結果を持って総合優勝をほぼ手中に収めたと言えます。

 

ツアー・オブ・ジャパンは配信アプリスポーツブルで全ステージ生中継(無料)されました。

感動を再び!フルタイム・ハイライト動画もご覧ください!

 

BJnetのTwiterやInstagramで情報チェック

BJnetはレース会場やイベント会場にも出没して、TwitterやInstagramでも紹介しています。ブログに掲載されていない写真もたくさんアップしていますのでぜひチェックしてみてください。
Twitter:@b_jnet
Instagram:@bjnet_roadbikelove