2019年ツアー・オブ・ジャパン!第3ステージ(いなべ)で窪木一茂選手がポイント賞を獲得!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大の自転車ロードレース、2019ツアー・オブ・ジャパンが開幕しました!

大阪から東京まで、移動しながら毎日レースが行われる8日間。今回は第3ステージ(いなべ)についてお届けします。

第3ステージ(いなべ)

5月21日に行われた第3ステージは、いなべ市梅林公園周回コースを8周する127キロのコースで争われました。

 

選手が会場入りする頃には心配されていた雨も上がり、暑くなると予想される1日。

最前列には個人総合時間賞のグリーンジャージを着用するエイデン・トゥーベイ選手(チーム・ブリッジレーン)、昨日の京都ステージで山岳賞を獲得したフィリッポ・ザッカンティ選手(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ)が整列。

 

繰り下がりでポイント賞ジャージを着る入部正太朗選手(シマノレーシング)、同じく繰り下がりで新人賞ジャージを着る岡篤志選手(宇都宮ブリッツェン)も最前列に並びました。

 

 

パレードランスタートは三岐鉄道の終着駅である阿下喜駅。いなべ市長を先頭にスタートしました。

レース中はタイム差などを知らせるボードもパレード仕様です。

パレードの後のリアルスタート!レース序盤はアタックはあるものの逃げには至りません。

 

中盤になるとエミール・ディマ選手(ジョッティ・ヴィクトリア・パロマー)、さらにペア・クリスティアン・ミュンスターマン選手(チーム・ザワーランド・NRW・P/B・SKS/ジャーマニー)が単独で飛び出します。

2選手は合流しますが、その後ペア・クリスティアン・ミュンスターマン選手(チーム・ザワーランド・NRW・P/B・SKS/ジャーマニー)は遅れ、エミール・ディマ選手(ジョッティ・ヴィクトリア・パロマー)をメイン集団が追うという展開になります。

 

毎年増えているというカカシコーナー。

最終周に入るメイン集団。

この後、前を行くエミール・デュマ選手(ジョッティ・ヴィクトリア・パロマー)を捉え、集団から新たに飛び出した2選手の勝負となります

アダム・トーパリック(チーム・ザワーランド・NRW・P/B・SKS・ジャーマニー)選手とのスプリントを制したのはベンジャミン・ヒル選手(リュブリャナ・グスト・サンティック)!

おめでとうございます!!!

この結果を持って、総合時間賞のグリーンジャージもベンジャミン・ヒル選手が獲得しました。

 

3着争いはオールイス・アウラール選手(マトリックスパワータグ)が先着。

多くの観客がゴールを見渡せる地形もいなべステージの魅力。迫力のあるスプリントに歓声が起こりました。

 

 

オールイス・アウラール選手に次ぐ4着に入った窪木一茂選手(チームブリヂストンサイクリング)

ライバル選手の着順を確認し、ポイント賞の計算をしながらクールダウンを進めます。

見事獲得となった表彰式では、このジャージを最終日までキープしたいと力強くコメントしました。

 

第3ステージ(いなべ)結果

1位 ベンジャミン・ヒル(リュブリャナ・グスト・サンティック) 3時間18分34秒

2位 アダム・トーパリック(チーム・ザワーランド・NRW・P/B・SKS/ジャーマニー)+0秒

3位 オールイス・アウラール(マトリックスパワータグ)+13秒

 

ホームステージチームイベント

いなべステージはキナンサイクリングチームのホームステージ。

地域でのイベントを以前から多く開催している為、この日も多くのファンが足を運んでいました。

 

ウィーラースクール(自転車教室)代表のブラッキー中島さんとともに、安全な自転車の乗りかたの指導も行なっていました。

 

第4ステージ(美濃):5月22日 9時15分スタート予定

美濃ステージは愛三工業レーシングがホームステージチームです。

ツアー・オブ・ジャパンは配信アプリスポーツブルで全ステージ生中継(無料)が予定されています。

 

BJnetのTwiterやInstagramで情報チェック

BJnetはレース会場やイベント会場にも出没して、TwitterやInstagramでも紹介しています。ブログに掲載されていない写真もたくさんアップしていますのでぜひチェックしてみてください。
Twitter:@b_jnet
Instagram:@bjnet_roadbikelove