ロードバイクのサドルバック選び方|取り付け方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロードバイクのサドルバッグ|大きさについて

サドルバックの種類

一口にサドルバッグと言っても、いくつかサイズがあります。

 

サイズにはマイクロサイズ、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズでなどがあります。

 

それぞれのサイズに、どれだけの荷物が入るか比べてみましょう。

サドルバッグ,マイクロ,M,L,サイズ

左からマイクロサイズ、Mサイズ、Lサイズとなっています(出典:ARA!@hobby’s blog

 

  • マイクロサイズ・・・1番小さいサイズなので、必要最低限の荷物しか入りません。

携帯工具や、パンクした時のための予備チューブ(※)を入れたらすぐいっぱいになってしまいます。

 

※予備チューブとは走行中にパンクした時のためのもの。

 

自分でパンク修理できなくても、通りすがりの人に助けてもらえる場合もあるので持ち歩くようにしましょう!

サドルバッグ,マイクロ,サイズ,違い

マイクロサイズのサドルバッグの内側です(出典:ARA!@hobby’s blog

 

Sサイズ・・・マイクロサイズの荷物の他に、小さめのポーチやハンドタオルを入れることができます。

 

Mサイズ・・・最も人気のあるサイズ。大きすぎず、小さすぎないサイズです。

サドルバッグ,M,サイズ,違い,中身

Mサイズのサドルバッグの内側です(出典:ARA!@hobby’s blog

Lサイズ・・・Mサイズの荷物以外に、コンパクトカメラ、薄手のウィンドブレーカーなどが入ります。

 

荷物が沢山入るので長旅、ロングライドには心強い大きさです。

サドルバッグ,L,サイズ,違い,大きさ

Lサイズのサドルバッグの中身です(出典:ARA!@hobby’s blog

大は小を兼ねるから大きいバッグが良いかと言えばそういうわけでもありません。

 

使用状況、走る距離によっても選び方が変わってきます。

 

サドルバックの中身の公開

サドルバックの中身公開

  1. 電池式充電器
  2. パンク修理用品
  3. 携帯空気入れ
  4. 予備のチューブ
  5. 携帯工具

これに携帯用の鍵も入ります。

 

※荷物があまり入っていない状態でバッグだけ大きいと、バッグの中で跳ね回ってしまいます。

荷物の量に合わせて調整したり、ファスナーで容量の増減のできるバッグもあります。

サドルバッグ,ロードバイク,荷物,鞄,カゴ

外観からはわからないほどギッシリ詰まってます

 

 取り付け方|サドルバッグ

サドルバッグ,取り付け方,クリップ,方式

サドルバッグを取り付けた状態を後ろから見た写真です

 

最も一般的なのが、ストラップで固定する方式です。

 

サドルによっては、ストラップ方式での取り付けができないこともあるので注意が必要です。

 

ストラップ方式の取り付け方|サドルバッグ

サドルバッグ,取り付け方,ストラップ,方式

サドルのすぐ下に付けます

 

サドルのすぐ下のフレーム部分に、マジックテープでサドルバッグを付けます。

 

サドルバッグ,取り付け方,ストラップ,方式

マジックテープで固定します

 

フレームにピッタリくっつくようにストラップを通します。

 

 

サドルバッグ,取り付け方,ストラップ,方式

サドルの裏側に付けます

 

サドルの裏側にストラップで固定します。

サドルバッグ,取り付け方,ストラップ,方式

ストラップ部分を留めます

 

固定されたのを確認したら、最後にストラップ部分を止めます。

 

サドルバッグ,取り付け方,ストラップ,方式

カチッと音がするまで締めましょう

 

カチッと音がするのを確認してください。

 

サドルバッグ,取り付け方,ストラップ,方式

紐を引いて調整します

最後に、ストラップ部分の紐を引いて調整します。

 

クイッククリック方式について

 

トピーク,TOPEAK,STRAPMOUNT,クイッククリック

TOPEAKのクイッククリック

それ以外にも、TOPEAK(トピーク)のクイッククリック方式があります。

これは、ホルダーをネジでサドル側に設置し、そこにバッグを差し込んで固定する方式です。ネジを使うと聞くと、手間がかかるように思われるかもしれませんが、ネジをはめた後はワンタッチでバッグを取り付けられるので、付け外しが楽です。

 

サドルレールに取り付けたアタッチメントにサドルバッグを固定する、トピークのワンタッチ着脱システム。

 

レール感覚43mm、0.7mmレールのサドルに対応しています。(別売りフィクサーを使用することで、1つのバッグを複数の自転車に使いまわすことも可能です。)

(説明文、画像共にTOPEAK公式サイトより引用)

 

サドルバックについて|まとめ

サドルバッグ,カゴ,ロードバイク,鞄

これがロードバイクの「サドルバッグ」です

 

サドルバッグにはさほど違いがないと思っていましたが、大きさや種類があると知って驚きました。

 

もちろん少しでも軽量化を図りたい方や、ロングライド時にパンク用にパンク修理セットを持ち運びたい人など、状況に応じて必要な荷物の量を見極めて、サドルバック選びが大切だとわかりました。