ロードバイククロモリ(スチール)フレームの特徴【解説】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クロモリ(スチール)フレームの特徴【解説】

ロードバイク,クロモリ(スチール)フレーム

代表的な自転車 フレームとも言えるのが、このスチール(鉄)フレームです。主に鉄を主成分とした合金で作られています。

  • クロモリブデン鉄
  • ニッケルクロムモリブデン鉄
  • マンガンモリブデン鉄などがある

 

自転車フレームの中でも、スチール(クロモリ)フレームは一番歴史が長いフレームだと言えます。ロードバイク、シクロスバイク、マウンテンバイクなどのほぼ全ての自転車に使われてきています。

 

またスチール合金の中にも、 クロモリと言われるクロームモリブデンやマンガンモリブデン 、ニッケルバナジウムクローム、ハイテンション銅、ニオブスチール、ステンレスなど種類があります。

 

強度や耐久性が強く高い事から、スチール(クロモリ)フレームの根強いファンも多く、10年20年は乗り続けている方も多いのがこのフレームの人気の特徴です。

 

デザインも洗練されたデザインから、シンプルでシックなデザインもあり、何年経っても飽きがきません

 

年月が経てば経つほど愛着が湧き、いつの時代になっても愛されるフレームが多いのも特徴的だと言えます。

ロードバイク,クロモリ(スチール)フレーム

 

スチール(クロモリ)フレームの特徴とメリット

  • 乗り心地がいい
  • 耐久性が高い
  • 素材が丈夫で壊れにくい
  • 素材の強度が強いので、スッキリとした細いパイプが作れる
  • 細いパイプの場合、たわみ易く(しなる)振動吸収性がいい
  • フルオーダーで自分に合ったメイドができる
  • オーダーの場合、パイプを凹ますような大きなダメージがあっても修理を受け付けてもらえる
  • 錆びない限り長く使用できる

 

スチール(クロモリ)フレームの特徴とデメリット

  • 鉄なので基本重い
  • 濡れた状態だと錆び易くなる
  • 細いパイプの場合、たわみ易く(しなる)強くペダルを踏み込むと力が逃げてしまう