ビンディングシューズメーカーおすすめ5選|おしゃれで快適なシューズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外サイズの換算表も記載。おすすめロードバイクシューズを、5メーカーから紹介

もくじ

 

ロードバイクを本格的に楽しみたいなら、ビンディングシューズは必須です。フラットペダルで走るよりも、ビンディングペダルにした方が疲れませんし、スピードも出ます。坂道も断然楽です。

 

ロードバイクシューズの選び方には、多くのポイントがあります。おしゃれでかっこいい/かわいい、通気性が高い、フィット感に優れる、軽くて丈夫…などです。自分がどのポイントを重視するのかを事前に理解しておくと、シューズ選びに迷わないでしょう。

ロードバイク,シューズ,オシャレ,コスパ,かっこいい

また、ビンディングシューズの中にもいくつか種類があります。

ペダルとの互換性や、素材・締め方(ダイヤル式やベルクロ式など)によって分かれおり、女性用モデルや幅広モデルもあります。

ロードバイク,シューズ,オシャレ,コスパ,かっこいい

値段はピンキリとまではいきませんが、1万円~5万円ぐらいが相場だと言えます。

 

サイズ換算表

ロードバイク,シューズ,オシャレ,コスパ,かっこいい,靴,サイズ

日本のメーカ―の商品ならば大丈夫ですが、海外メーカーのシューズも数多くあります。海外メーカーは海外用のサイズしか記載されていないことがあるので、ここで日本のサイズとの換算表を記載しておきます。参考にしてください。

 

それでは以下より、ロードバイクシューズの主要メーカーの、一番お手頃な価格の商品を2~3つずつそれぞれ紹介していきます。

 

これを調べていくうちに気付いたのは、値段の上がり方には、どのメーカーにもある程度共通する法則があるということです。

ロードバイク,シューズ,オシャレ,コスパ,かっこいい,値段,価格

一概には言えませんが、特にシマノのシューズラインナップはこのような感じになっています。他にも、メーカー独自のテクノロジーであったり、通気性であったりで価格が変動します。

 

SHIMANO(シマノ)|安心と信頼の品質

シマノはコンポーネントのみならず、あらゆる商品で高いシェアを誇っています。シューズに関しても同様で、おそらく国内でもっとも売れています

 

どんなロードバイクショップにも大概置いてあるため、入手のし易さがずば抜けています。普通のスポーツ用品店で扱っているところもあるほどです。また、純国産メーカーなので日本人の足の形状を考えた作りになっています。

 

しかしその反面、安価なモデルはデザイン性がいま一つといったところもあります。色も白と黒しかないモデルもあり、オシャレ重視という人には向かないかもしれません。ただ、価格と質は良いので、最初の一足として初心者にオススメです。

 

SH-R065

ロードバイク,シューズ,オシャレ,コスパ,かっこいい,シマノ

SHIMANO(シマノ) ビンディングシューズ SPD-SL SH-R065 ブラック

ベルクロ(マジックテープ)が2本のタイプ。初心者の私は一番安いこれを使っていますが、特に問題ありません。ただ、やはり足の甲の締め付けがもう少し欲しいとは感じています。色は黒の1色です。

 

SH-RP200

ロードバイク,シューズ,オシャレ,コスパ,かっこいい,シマノ

 

SHIMANO(シマノ) SH-RP200MW SPD ビンディングシューズ

こちらはベルクロが3本になったタイプで、お値段はR065より3,000円アップしています。色は白が追加されています。

SH-RP300

ロードバイク,シューズ,オシャレ,コスパ,かっこいい,シマノ

SHIMANO(シマノ) SH-RP300ML SPD ビンディングシューズ

こちらは、足が大きい人のための幅広タイプがあります。また、上部がベルクロからラチェットに変更され、スキー靴のようにカチカチっとはめられます。フィット感が上がりますね。価格はRP200から2,000円アップです。

 

SiDI(シディ)|日本でも高い人気のイタリアブランド

SiDIも日本で広く知られている、イタリアのブランド。デザイン的にはメカ系といった感じでしょうか。1960年にディーノ・シニョーリが登山靴のワークショップとして創業し、その後サイクリングシューズの製造を開始。 プロライダーとの結びつきが強く、 トップライダーからアマチュアまで幅広いライダーに愛されています

イタリアの英雄、ヴィンチェンツォ・ニーバリ選手や、新城幸也選手が加入した、新チーム「バーレーン・メリダ」のシューズに採用されました。

 

LEVEL(レベル)

ロードバイク,シューズ,オシャレ,コスパ,かっこいい,レベル,シディ

SIDI(シディ) SHOES LEVEL(レベル)<ブラック/レッド/ホワイト> ロードシューズ

赤・黒・白でカラーがあり、一番上はラチェットで留められる仕組みです。SiDIのロードシューズの中でもエントリーモデルですが、デザインにも優れた一品といえます。補強されたヒール部分で耐久性が上がり、すべりを防止して歩行をラクにするヒールパッドもついています。

 

GENIUS 7(ジェニウス 7)

ロードバイク,シューズ,オシャレ,コスパ,かっこいい,シディ

シディ(SIDI) ビンディングシューズ ジェニウス GENIUS 7 BLK/SIL/YEL

マイクロファイバー素材を使用し、快適性と耐久性を兼ね備えています。ソールはカーボン繊維の含有率が前モデルよりも増加。ちなみに、ノーマルサイズと幅広のMEGAサイズ、女性用のWOMANと3つの型があります。自分の足に合ったものを選べるのは良いですね。

 

AVAST RAIN(アバスト レイン)

ロードバイク,シューズ,オシャレ,コスパ,かっこいい,シディ

シディ(SIDI) AVAST RAIN(アバスト レイン) 冬用ロードシューズ ブラック

こちらは、先に紹介したレベルをベースに、防寒・防水に長けたモデル。インソールも含めてシューズ全体が起毛しており、また足首をがっちりガードしてくれるので冬に大活躍します。冬にロードバイクに乗りたい方は、2足目にいかがでしょうか。

 

fi’zi:k(フィジーク)|他ブランドとは一味違うオシャレさ

フィジークは、サドル・バーテープ・シートポスト、そしてシューズを展開するブランド。特にサドルの評価が高く、熟練の職人達の手作業によって生産されている、イタリアの代表的なサドルメーカーです。

 

そんなフィジークのシューズの特徴は、品質もさることながら、特筆すべきはそのデザイン性の高さです。一番安価なモデルでもかなりおしゃれで、ほかの人と違ったカラーで楽しめます。

 

ロードシューズはR5B~R1Bまでで、数字が小さくなるほど上位のモデルです。どのモデルも男女用が分かれており、「UOMO」が男性用、「DONNA」が女性用です。わかりやすいですね。

 

R5B UOMO

ロードバイク,シューズ,オシャレ,コスパ,かっこいい,フィジーク

フィジーク(FIZIK) SHOES R5B UOMO ブラック/レッド LIMITED ロードシューズ

こちらは一番安いモデルでありながら、ダイヤルとベルクロが付いています。カラーはグレーオレンジ/ブラックレッド/ホワイト/ブラックの4色があります。

 

マット調の外観と、ポイントとなるレッドが非常におしゃれなこのシューズ。UOMOは男性用です。

 

R5B DONNA

ロードバイク,シューズ,オシャレ,コスパ,かっこいい,フィジークフィジーク(FIZIK) R5B DONNA 女性用ロードシューズ

DONNAは女性用モデル。ビビッドはピンクがさりげないおしゃれを演出してくれます。ビンディングもファッションも楽しみたい女性におすすめです。

 

R4B UOMO

ロードバイク,シューズ,オシャレ,コスパ,かっこいい,フィジーク

FIZIK(フィジーク) R4B UOMO(メンズ)

この写真では黄緑っぽく見えますが、実際にはイエローです。こちらも男性用のUOMOで、ホワイトブラック/ブラックブラック/ブラックイエロー/ブラックレッドの4色展開。

 

R5Bからの変更点は、ベルクロが1本から2本になったこと。また、ボリュームコントロールフィットやエアロダイナミックアウトソールを採用しており、全体的にフィット感や耐久性が上がっています。

 

R4B DONNA

ロードバイク,シューズ,オシャレ,コスパ,かっこいい,フィジーク

FIZIK(フィジーク) R4B DONNA(ウィメンズ)BOA ホワイト/エメラルド

R4B DONNAは女性用のホワイトエメラルド。清潔感が表れています。テクノロジーや造りはR4B UOMOと同じなので、品質はばっちりです。

 

NORTHWAVE(ノースウェイブ)|スタイリッシュなデザイン

ノースウェイブは、名前は英語ではあるがイタリアのブランド。ロードはもちろん、マウンテンバイク、シクロクロス、キッズとラインナップが豊富。カラーリングは、おしゃれというよりスタイリッシュ。

 

ハイエンドモデルの「EXTREMEは新城幸也選手がかつて所属していたランプレ・メリダ(現在はUAEアブダビ)でも使われていました。NWのシンプルなロゴがかっこいい。

 

SONIC2

ロードバイク,シューズ,オシャレ,コスパ,かっこいい,ノースウェイブ

一番安価なSONIC 2はベルクロが3本のタイプ。ベンチレーション(通気口)は5つあり、快適な通気性を確保しています。

 

SONIC2 SRS

ロードバイク,シューズ,オシャレ,コスパ,かっこいい,ノースウェイブ

NORTHWAVE(ノースウェーブ) SONIC 2 SRS WHITE/BLACK/RED サイクリングシューズ

SONIC 2 SRSはラチェット式になっており、フィット性が増しています。赤・白・黒の3色カラーリングでスピード感を感じるデザインです。

 

SONIC2 PLUS

ロードバイク,シューズ,オシャレ,コスパ,かっこいい,ノースウェイブ

ノースウェーブ(NORTHWAVE) SHOES 16’SONIC 2 PLUS(ソニック 2 プラス) ロードシューズ ホワイト/シルバー

こちらはさらにダイヤル式になったモデル。着脱が簡単です。アッパー(靴の上部分)はレイヤー構造になっており、通気性の向上と軽量化に成功しています。

 

MAVIC(マビック)|本場フランスで愛される質の高さ

自転車の本場フランスの、ホイール・タイヤ・ウェアなどを作る総合メーカーで、シューズも作っています。黄色地に黒の「MAVIC」が印象的。レースやイベントでは黄色いサポートカーが有名です。

ラインナップも多彩で、ロード・マウンテンバイクのみならず、トレイル・クロスカントリー・オールマウンテンなど。長年にわたるツール・ド・フランスでの経験を製品づくりに活かしています。

 

KSYRIUM ELITE(キシリウム エリート)

ロードバイク,シューズ,オシャレ,コスパ,かっこいい,マビック

マビック(MAVIC) SHOES KSYRIUM ELITE(キシリウム エリート) ロードシューズ ホワイト

 マット地にラチェットが付いたKSYRIUM ELITE。「Endofit™ Tongue」という独自の内部構造により、快適なフィットを実現しています。インナーソールは土踏まずの部分が盛り上がっており、これもフィット感にプラスの効果を与えてくれます。

 

AKSIUM Elite Ⅱ(アクシウム エリートⅡ)

ロードバイク,シューズ,オシャレ,コスパ,かっこいい,マビック

マビック スポーツ サイクリング シューズ Mavic Aksium Elite II Shoes White/Blac

AKSIUM ELITE Ⅱも「Endofit™ Tongue」が利用されており、かつラチェットでフィット感があります。カラーもきれいですね。

 

自分の大事にする項目で選ぼう

ロードバイク,シューズ,オシャレ,コスパ,かっこいい,かわいい,女性

他のことにも言えることですが、予算と同時に「自分が何を一番重視するか」をよく見極めて選びましょう。デザイン性なのか、通気性なのか、フィット感なのか。オシャレは足元から。お気に入りを見つけて楽しくライドしましょう。