ロードバイク乗りの花粉症対策|海外選手も苦しんでいる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロードバイク乗りの花粉症対策について考えてみた

ロードバイク乗りの花粉症対策

冬の終わりが近づき、やっと春の足音が聞こえてきました。

 

春の足音と共に、今度は奴らが到来してきます。

 

それは花粉です!

 

温暖化の影響もあり、今年の花粉量は例年より多いそうです。

 

花粉症ロードバイク乗りにとって、辛い季節なのは間違いありません。

 

なぜなら、私自身も2年前から突如

 

 

 

花粉症になったからです。

 

春の陽気の中、ロードバイクを走らせようと思っていても、あの忌々しい花粉のせいで外出する事すら億劫(おっくう)になります。

 

実は、多くの海外選手(プロ選手)も花粉症に苦しみ、悩まされています!

 

そこでロードバイク乗りに良い花粉症対策がないのか、調べて実際にやってみました。

花粉症対策を実際にやってみた①

花粉症対策ロードバイク乗りの花粉症対策ロードバイク乗りの花粉症対策

あなたは気づきましたか?

 

この写真で私は、すでにロードバイク乗りの花粉症対策をしています!

 

花粉症対策について実際にやってみた②

花粉症対策室内花粉症対策ノーズマスク装着

あなたは気づきましたか?

そう、ココです!ココ!

ノーズマスク装着

 

 

ジャーン!

 

 

鼻マスク

実は日本ではあまり馴染みがありませんが、ノーズマスク(鼻マスク)を着用していました。

 

日本人の場合は、鼻、口を隠せるマスクの方が人気があります。

 

しかし、海外選手の多くがマスクをすることに抵抗を感じており、いいイメージを持っていません。

 

そこで海外では、ノーズマスク(鼻マスク)の方が人気があります!

 

ノーズマスク

ノーズマスク(鼻マスク)とは、鼻に差し込む見えないマスクです。

 

花粉、粉塵(ふんじん)、ハウスダストなどを99%以上カットしてくれます。

 

ノーズマスク(鼻マスク)のメリット、デメリット

鼻マスクの価格

メリット

目立ちにくい

メガネをしても曇らない

使用感、装着感がない

苦しくならない

持ち運びに便利

マスクとは違い水分補給が楽にできる

 

デメリット

鼻に入れるのに抵抗がある

かっこ悪いと感じてしまう

鼻呼吸ができないとダメ

 

ノーズマスクの場合、鼻呼吸が必須になります。

 

なので鼻と口の両方を覆いたい場合は、スポーツ用マスクの着用がオススメです。

 

スポーツ用マスクのメリット、デメリット

出典:Amazon

出典:Amazon

メリット

鼻と口の両方を覆うことができる

顔を隠す事ができる

 

デメリット

メガネが曇ってしまう

思うように酸素が吸えなくなる

マスク内で汗をかいてしまう

水分補給の際はマスクを外さないといけない

 

ノーズマスク(鼻マスク)の装着方法

鼻マスク装着方法

 

ノーズマスク(鼻マスク)を、持ち上げます。

※必ず室内で装着するようにしましょう。

 

鼻マスク装着方法

鼻の中に入れます。

 

完了です。

 

花粉症グッズと合わせて使うとより効果的!

花粉スプレー

顔の周りにスプレーをしてコーティングしてくれるタイプ

花粉ジェル

鼻の穴の中に塗って、花粉の侵入を防ぐタイプ

実際に花粉症対策をして走ってみた

花粉症対策してライド

実際にノーズマスク(鼻マスク)と上記の花粉症対策をして、荒川サイクリングロードから千葉県野田市までの往復80kmライドを実行してきました。

 

鼻呼吸が必須になりますが、ノーズマスクを装着してのライドには違和感ありませんでした。

 

またマスクとは違い、メガネ、サングラスが曇る事もなく、マスク内で汗をかくこともありません。

 

ノーズマスクの場合だと、水分補給も楽にできるのでき、特にロングライド時には、重宝するアイテムだと実感しました。

 

今回使用したノーズマスクはこちら

花粉薬

今回は近所のドラックストアで購入し、価格は600円前後でした。

 

インターネットで調べてみると、使い切りタイプ、フィルター交換タイプ、水洗いタイプなどがありました。

 

まとめ

実際にノーズマスクが、どこまで花粉症予防になっているかは個人差があると思いますが、私自身はマスクより楽で花粉症予防になっていると実感できました。鼻水も止めてくれるので、走行中に鼻水が垂れてくる事はありませんでした。

 

またノーズマスクは携帯性もあり、持ち運ぶのに便利なので重宝する花粉症グッズだと思いました。

 

※花粉症の症状、花粉症の重症度によって合う合わないがありますので、必ず心配な方は病院で受診したり、ドラックストアで使用しても問題ないか確認することをオススメします。