クリートの取付け方|正しい位置とペダルとの着脱も解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Shimano(シマノ) SPD-SL クリートの付け方と最適な位置を解説

普通の自転車とロードバイクの大きな違いの一つに、「ビンディング」があります。

SPD-SL,クリート,ビンディング,携帯工具,付け方

これはペダルとシューズを、スキーのように嵌め合わせる仕組みのことです。

クリート,ロードバイク,付け方,携帯工具,自転車

カチッとはまって固定されることで、ペダリングが断然ラクに

ペダルとシューズが固定されることで、従来のペダルを押し下げる「踏む」力だけではなく、ペダルを引き上げる「引く」力を加えることができます。単純に言えばペダルを回す力が2倍になるということです。

 

このビンディングシステムに必要なものは、【ビンディングシューズ】・専用の【ペダル】・【クリート】の3つです。ママチャリと同じフラットペダルではできないのでご注意を。

クリート,ロードバイク,付け方,携帯工具,自転車

シューズ・ペダル・クリートが必要です。

それでは、ビンディングを始めるために必要なクリートの取り付け方を解説していきます。今回は一番メジャーなShimano SPD-SLを解説します。そして後半では、シューズをペダルにはめる方法と、はめる際のポイントも説明します。

 

Shimano以外でも、TIMEやLOOKなどビンディングのブランドはいろいろあります。ただ、取り扱いに大きな違いはありません。

『ペダルの取り付け方はこちら』

 

ビンディングシューズへの取り付け方

取り付けに使用するのは、こちらの4mmアーレンキー(6角レンチ)です。今回は携帯工具の「LEZYNE(レザイン) RAP 14TOOLS」を使います。

クリート,ロードバイク,付け方,携帯工具,LEZYNE

薄くて小さく、持ち運びに便利です

 

手順

  1. 金具をセットし、シューズの穴に合わせる
  2. ネジを付け、アーレンキーで仮留め
  3. クリートの位置を決める
  4. ネジを「これでもか!」というほど締める

それではそれぞれの工程を見ていきましょう。

 

1.金具をセットし、シューズの穴に合わせる

まずはクリートと一緒に入っている部品を確認。

そしてシューズの裏面にある穴にクリートを合わせ、金具をセットします。

クリート,ロードバイク,付け方,携帯工具,自転車

まずは金具を大体の位置にセット

写真のように、金具のでっぱり面がシューズの裏と合うようにします。

 

2.ネジをはめ、アーレンキーで仮留め

それではネジを締めていきましょう。この段階はまだ緩い仮留めにしておきます。仮留めだとクリートがカチャカチャ動いてしまいますが、次の段階で位置を決めるのでそのままで大丈夫です。

クリート,ロードバイク,付け方,携帯工具,自転車

ほどほどの仮留めにとどめておきましょう

 

3.クリートの位置を決める

次は仮留めしたクリートを手で動かし、位置の微調整をしていきます。クリートは前後左右に動きます。自分の足に合った最適な位置を決めましょう。

クリート,ロードバイク,付け方,携帯工具,位置

クリートの位置を確かめて調整

 

クリートの最適な位置とは!?

クリートの位置は上記の通り自分で調節可能です。一般的に言われている最適な位置は、

クリートの中心が、母指球と小指球を直線で結んだラインの中心と重なる位置」です。

 

母指球は踏み込んだ時に最も力が入る場所です。それと小指球のちょうど中心にクリートを合わせることで、効率の良いペダリングができます。

 

ただ、これはあくまで一般的に言われていることです。体の造りは人それぞれ違うため、クリートの最適な位置も人によって異なります。ここを参考にして、微調整しつつ自分に合った位置を確かめてください。

 

 

4.ネジを「これでもか!」というほど締める

最後に、仮留めしたネジをこれ以上回らなくなるまで締めましょう。

クリート,ロードバイク,付け方,携帯工具,位置

がっちり締めましょう

「ネジが外れなくなったら困る!」という人もいるかもしれませんが、必死に締めましょう。なぜ限界まで締めるのかというと、そうしないと走行中にネジが緩まってきて、外れてしまうからです。(筆者の体験談)

 

また締めが甘いとクリートだけが動いてしまい、なかなかペダルから離れません。立ちゴケします。(筆者の体験談)

 

クリートは何度もペダルと着脱するものです。またペダリングで最も力が入る部分なので、きつく締めないとネジが緩まってしまいます。緩んでいないかを定期的にチェックすることも大切です。

 

ペダルにはめる(キャッチ)

クリートを付けたシューズを履いたら、次は当然ペダルへのはめ方を体得しましょう。最初は少し慣れる必要がありますが、すぐにできるようになります。

 

①ペダルをクリートの先端でとらえる

クリート,ロードバイク,付け方,携帯工具,はめ方

下から上へ引っ掛ける

まずは利き足のクリートの先端で、ペダルの上側を捕らえます。クリートの先端でペダルを下から引っ掛ける感じです。下死点(ペダルが一番下にある位置)よりも手前でやるとスムーズにできます。

 

2.かかとに重心をかけて踏む

クリート,ロードバイク,付け方,携帯工具,はめ方

かかとを落としてカチッというまではめる

下死点まで踏んだら、かかとを下すようにしてクリート全体をペダルにはめます。ゆっくり体重をかけていってもすんなりとははまらないので、一気にグッと体重をかけましょう

 

うまくはまればカチッという音がします。この段階ではまだもう一方の足は地面に着いたままです。

 

3.もう一方の足にもはめる

クリート,ロードバイク,付け方,携帯工具,自転車

右足は走り出してからはめる

はめた方の足で少しペダルを漕ぐとともに、反対の足で地面を蹴ってスピードを出します。そうすればバランスを崩して倒れることもありません。

 

進み始めたらもう一方の足も地面から離し、同じ要領でクリートをはめます。これで「キャッチ」は完了です。

 

ペダルから外す(リリース)

次はペダルから足を外すやり方です。これはさきほどの「キャッチ」よりも簡単にでき、また難しくもありません。

 

1.かかとを外側にひねる

クリート,ロードバイク,付け方,携帯工具,外し方

先に左足を外にひねって外す

先に左足から外します。かかとを外側にひねるだけで簡単に外れます

 

外れにくい人はクリートのネジ締めが甘いか、もしくはペダルの設定がそういう調節になっているかです。

 

2.左足を地面につけて止まり、右足も外す

クリート,ロードバイク,付け方,携帯工具,外し方

外した左足を地面について右も外す

 外した左足を地面につけて止まったら、右足も同様に外しましょう。ただ、赤信号など一時的な停止時は右足まで外す必要はありません。

 

【注意】:右側に体を倒すと倒れます!!

一時的に停止しているときは、常に地面についている左足側に体重をかけましょう。まだくっついている右足側に体重をかけると、立ちゴケします。

クリート,ロードバイク,付け方,携帯工具,立ちごけ

この人は左側に倒れていますが、立ちごけの例です。ちなみに筆者ではありません。イマオさんです。

 

まとめ

クリートは消耗品です。カバーをせずに歩いているとすぐに削れてきてしまいます。そのため、買い替える頻度も多いです。ロードバイク用品の中で一番購入するものではないでしょうか。

 

取り付け方は簡単なので、すぐに覚えられます。唯一のポイントは、ネジをきつく締めることです。ビンディングは思っているより簡単なので、ぜひチャレンジしてみてください!

 

今回の記事で使用したロードバイク用品はこちら

シマノ クリートセットセルフアライニングモード ペア M5×8mm SM-SH11 [Y42U98010]

シマノ ビンディングシューズ SPD-SL 42(26.5cm)ブラックSH-R065 ESHR065G420L

LEZYNE(レザイン) RAP 14TOOLS BLACK