自転車で行こう2016年|東京のおすすめ紅葉スポット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内のおすすめ紅葉狩りコースを紹介

656927

2016年も夏が終わりに近づき、暑さが和らいできました。季節はスポーツの秋。自転車乗りにとっても絶好のライドシーズンが到来です。

 

秋ならやっぱりキレイな紅葉が見たい!ということで、東京都内の自転車で行けるおすすめ紅葉狩りルートをご紹介します。1か所の紅葉だけでなく、何か所も紅葉が見られる場所を集めました。

 

初心者には登りが続いて少々厳しいルートかもしれませんが、完走した時の達成感は格別です。

 

休憩スポットも数多く紹介しているので、のんびり行くのも良しで、またレースに向けた練習にももってこいです。紅葉もグルメもレベルアップにも使える奥多摩コースの紅葉は、11月中旬~12月中旬が見ごろです。

 

ルート紹介|総走行距離・約58km

ルートラボでのルート。ガーミンと連携できます。

スタート地点 : A・JR武蔵五日市駅

紅葉ポイント① : B・秋川渓谷

⇩(グルメポイント① : C・檜原村役場・カフェせせらぎ)

⇩(グルメポイント② : D・たなごころ(パン屋さん))

紅葉ポイント② : E・都民の森(山岳公園)

⇩(写真ポイント : F・風張峠)

紅葉ポイント③ : G・奥多摩湖

⇩(グルメポイント③ : H・奥多摩 水と緑のふれあい館)

ゴール地点 : I・JR奥多摩湖駅

 

ポイント紹介|JR武蔵五日市駅(スタート地点)

武蔵五日市駅の住所 : 東京都あきる野市舘谷台16 キャプチャ3

スタートは新宿から電車で1時間ほどの、あきる野市にあるJR武蔵五日市駅からです。

JR武蔵五日市駅のすぐ近くには、2016年4月にオープンしたアウトドアアクティビティの拠点「東京裏山ベース」があります。

 

カフェやシャワー・レンタルグッズもあるのでライドの休憩ポイントにピッタリです。

 

秋川渓谷(あきかわけいこく)

武蔵五日市駅からスタートして西に4kmほど行くと秋川渓谷があります。檜原街道から「音瀬の湯」に行くために作られた石舟橋(いしぶねばし)の紅葉が素晴らしく、人気のスポットです。

2861075

 

秋川渓谷・石舟橋 : 東京都あきる野市戸倉1421キャプチャ4

この渓谷の紅葉は観光サイトでも頻繁に取り上げられており、評価も高いスポットです。

葉が色づくとページ最上部の画像のように見事な紅葉が見られるので、おすすめの写真ポイントです。

 

檜原村役場(ひのはらむら)・カフェ

檜原街道をさらに約4km進むと「檜原村役場」があり、「カフェせせらぎ」が併設されています。

 

銀座で35年間カフェを経営されてきたオーナーの入れる本格派コーヒーには檜原村の天然水が使われているそうです。

 

また、自転車ラックもあるのでライドの際にはぜひ立ち寄りたいお店です。

 

たなごころ(パン屋さん)

檜原村役場を後に檜原街道を南に進み、南秋川渓谷などを通過して約13kmほど進むとパン屋さんの「たなごころ」があります。

 

オーガニックの材料と自家製酵母で焼き上げたパンはとても美味しいので補給食やお土産におすすめです。

 

たなごころの住所 : 東京都西多摩郡檜原村人里2100−1

ここは登りの中間地点に位置しているので、体力を消耗してしまったく場合には絶好の休憩場所です。エネルギーを補給して再びの登りに備えましょう!

 

都民の森(山岳公園)

引用元:「はじまりは今~♪」 記事「本日は風張峠へ」

「たなごころ」から約8km、檜原街道から多摩湖周遊道路を進むと、サイクリストの聖地とも呼ばれている「都民の森」があります。

 

こちらは自然に囲まれた山岳公園で、紅葉の景色はもちろんのこと、野鳥や季節の花を観賞したり、ハイキングやトレッキングを楽しめる場所です。

 

園内に併設されているレストラン「とちの実」は東京で一番標高が高い場所にあるレストランです。地元の特産物を使ったメニューが楽しめますので、昼食に使ってはいかがでしょうか。

 

風張峠(かざはりとうげ)(駐車場)

引用元:「はじまりは今~♪」 記事「本日は風張峠へ

都民の森から多摩湖周遊道路を約3kmほど登ると、標高1,146mもある風張峠を通過します。

 

ここは東京都の道路で一番高い場所に位置します。記念に標識と愛車を写真に収めるのもおすすめです。

 

(※写真を撮る場合はくれぐれも自動車や他のかたの迷惑にならないようご注意ください。

 

奥多摩湖

350415

風張峠(駐車場)からさらに10km進むと、ここからは奥多摩湖の周辺を走り、反対側へと抜けるルートです。

 

奥多摩湖(正式名称「小河内貯水池」)は1957(昭和32)年に完成した人造湖で日本最大級の水道専用貯水池です。素晴らしい景色を望めるのでサイクリングはもちろんですが、ドライブやハイキングの人たちにも人気のスポットです。

 

時間に余裕があれば、ドラム缶橋とも呼ばれている麦山浮橋を歩いて渡ったり、良縁や金運アップなどのご利益があるといわれている小河内(おごうち)神社にお参りするのもおすすめです。

 

奥多摩湖・小河内神社の住所 : 東京都西多摩郡奥多摩町河内149

キャプチャ6 

奥多摩 水と緑のふれあい館

このルートで最も教養的なスポットの「奥多摩 水と緑のふれあい館」は、奥多摩の歴史とダムの仕組みを学ぶことができる施設です。

 

また、多摩湖が一望できるレストランがあり、ダム好きにはたまらない小河内(おごうち)ダムカレーを食べることができます。ごはんが中心にダムとして盛られており、その横にカレールウが貯水池として表現されています。

 

インパクト大のカレーなので、ぜひ行ってみてください。

 

JR奥多摩駅(ゴール地点)

「奥多摩 水と緑のふれあい館」から約6km進むと、ゴールのJR奥多摩駅に到着です。途中、吊り橋のかかる絶景の惣岳渓谷(そうがくけいこく)を眺めたり、樹齢200年のいろは楓を見たり、最後まで楽しめるルートです。

キャプチャ7 

駅の近くには温泉「もえぎの湯」がありますのでライドの疲れを癒せます。

 

まとめ

都心から近いのに自然がいっぱいある奥多摩のルートでした。温泉もいっぱいあって、どこに入ろうか迷いますね。

紅葉の季節になると、ほかのシーズンとはまた違った美しい表情を見せてくれます。ご家族や親しい人たちと、是非行ってみてください!

 

関連記事はこちら

檜原村観光の拠点|サイクリングにもおすすめ東京裏山ベース

自転車で行こう2016年|箱根のおすすめ紅葉スポット