夜間走行を助けるロードバイクのライトについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

走行範囲を広げるアイテム

サイクルライト

暗くなってからロードバイクに乗る上で欠かせないのがライトです。

 

「都心がメインで、田舎道は走らないからライトは必要ないだろう」と考えるかもしれませんが、ライトは暗い道を照らすだけでなく、車や歩行者に自分の存在をアピールする事故防止の効果もあります。

 

道路交通法により、自転車のライトの明るさの基準が設けられています。

 

JIS(※)規格だと、自転車の前照灯は400カンデラ以上と決まっています。ルーメンにすると、300ルーメン以上の明るさがあると安全な走行が可能です。これは前方約10mを照らせる明るさになります。

 

ルーメンとカンデラの違いを知る

ルーメンとは「全ての方向に対して1カンデラの高度を持つ標準の点光源が1ステラジアンの立体角内に放出する光束」と定義されています。1カンデラで照らせる範囲はどれくらいかです。ルーメンの値が大きいほど照らされる範囲が大きくなります。

 

カンデラとは、「周波数540×1012ヘルツの単色放射を放出し、所定の方向におけるその放射強度が1/683ワット毎ステラジアンである光源の、その方向における光度」と定義されています。まぶしさの単位です。ガンデラの値が大きいほど、まぶしくなります。

 

※JIS・・・鉱工業製品の生産・流通・消費の便を図るため、統一して制定した製品規格。Japanese Industrial Standardの頭文字をとってJISと呼ばれています。

 

フロントライト|白いライトの役割について

ロードバイクフロントライト

ロードバイクフロントライト

自転車の前側(フロント)に付けるライトは、暗い路面を照らしたり、向かいから来る自動車に自分の存在をアピールするためのものです。

 

長時間ロードでなければ、小型で強く光るライトがオススメです。

 

また高輝度LEDタイプのライトも人気があります

 

リア用ライト|赤いライトの役割について

出典:CATEYE

白いライトは前に、赤いライトは後ろに付けます。

 

車はライトの色で自転車の進行方向を判断してしまいます。

 

そのため、間違えて逆に付けてしまうと、進行方向を勘違いしてしまい非常に危険です。安全のために目立たせようと赤いライトをわざと前に付ける人もいますが、とても危険なので絶対にやめましょう。

 

ライトの光の強さ、電池の持ち、重さや大きさなどを考慮して自分にピッタリのライトを選びましょう。

 

充電式と乾電池式

画像は充電式

画像は充電式

ライトには、携帯電話のようにUSBコードに差し込んで充電して繰り返し使う充電式と、乾電池を取り換えて使う乾電池式の2種類があります。

 

充電式は値段は高いが、性能が良く、一方乾電池式は低価格という違いがあります。

 

最近では充電式が主流となっています。

 

乾電池を何回も買い替えるよりも、一度充電式のライトを買ってしまう方が結果的安上がりでエコだからです。

 

取り付ける場所

前用のライトは、ハンドルに取り付けるのが一般的です。後ろのライトは、サドルの下やフレームなどに取り付けます。他には、前のライトは前輪の近く、後ろのライトはサドルバッグの後ろなどに付けます。

 

まとめ

自転車に付けるライトの色を前後で使い分けたり、点滅させる意味などを知りました。特に、ライトの色の違いは、何も知らずに逆に付けてしまうと非常に危険で怖いと思いました。安全のためにもちゃんと知っておくことが大切だと実感しました。