プロ選手の使う競輪場を初走行|URBAN TRACK CLUB

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎競輪場でバンク走行を体験

川崎競輪場のバンクイベント,URBAN TRACK CLUB

シングルスピード(ピスト)に乗っている。または、少しでも興味のある方は、是非読んでください!

 

この度、BJnet加盟店ギークガレージ様の計らいで、プロ選手が実際にレースを行う、競輪場(バンク)を走行させてもらいました。

 

ギークガレージ様は3つの自転車屋共同でURBAN TRACK CLUB(アーバントラッククラブ)を設立し、シングルスピードをもっと楽しいんで貰おうと、川崎競輪場を借り切ってイベントの開催をしています。

 

はじめてのバンク走行で感動と興奮

川崎競輪場のバンクイベント/URBAN TRACK CLUB

 

実際にプロの競輪選手が走行している神聖なバンクで、走行することができ、貴重な経験ができ感動しました。

 

川崎競輪場の様子

バンクのカーブと傾斜

川崎競輪場のバンクの中に立った時、走行するところは・・・まさに壁だと思ってしまい、今から走るのかと思うと脚がガクガクしてしまいました。

 

実際に走行したところ、もっとも興奮したのが、平地から徐々に傾斜のあるバンクに突入する瞬間でした。徐々に体と車体が斜めに向き始め、バンクに吸い付くように走る姿に驚きました。シングルスピード専用のコースだけあって、グリップ力が凄くありました。

 

高所恐怖症の私も3週ほど走ったところで、かなり慣れました。

 

安心してください、普段自転車に乗っている方なら、バンクは十分に楽しめます。

 

プロの競輪選手と走行

ライン走行の練習

 

また、ライン(※1)を組んで走行することで、空気抵抗が減り、とても早く走行することが出来ました。普通の道では経験出来ない速度域です。

シングルスピードを体感

ギークガレージ川崎さんによる、マンツーマン練習

初めてのバンク走行だったので不安や緊張もありましたが、URBAN TRACK CLUB代表の川崎さんの指導のもと安全に楽しむ事ができました。

 

※1.ラインは競輪の戦法の1つです。

2人〜4人(基本は3人)の選手が一列に並んで連携して戦う戦法。先頭以外の選手は空気抵抗が軽減され、体力を温存することが出来る。

 

はじてのシングルスピードを体感

川崎競輪場のバンクイベント/URBAN TRACK CLUB

私たちはロードバイクで参加しましたが、シングルスピードの貸し出しも行っているので、シングルスピードでのバンク走行の体験もしました。

 

初めて競技用のシングルスピードに乗りましたが、今まで乗っていたロードバイクとは感覚と操作性が全く異なり別物だと感じました。

 

競技用のシングルスピードの場合、無駄なものが一切付いていません。無駄なものとはブレーキだったり、ギアの枚数が1枚だったりと本当にシンプルに造られています。止まる際にはペダルの回転を減らし減速させ、ペダルを少し後ろに回し止まるという操作に慣れず苦戦しました。

 

実際、シングルスピードに乗ってのバンク走行では、ペダルを踏んだ時の力がダイレクトに体に伝わるのが分かりました。そこでペダルを踏めば踏むほど、地面を捉え前に進み、障害物がなく摩擦が公道よりも少ない事から、どんどん速度が上がっていくのが分かりました。

 

「俺、自転車漕いでるー速度が出てるー気持ちいい」という感じでした!!

 

ここで注意点として、ロードバイクとシングルスピードは一緒に走行する事が禁止されています。

 

理由としては、ブレーキのあるロードバイクと競技用のブレーキのないシングルスピードでは、同じ自転車でも操作性が違う為、ロードバイクが突然のブレーキを掛けてしまうと、ブレーキのないシングルスピードでは対応できず衝突して事故に繋がります。(※公道で走る場合は、シングルスピードもブレーキを付けないと違法になります)

 

はじめてのバンクでタイムトライアル

はじめてのバンク走行/川崎競輪場

URBAN TRACK CLUBでは400m(トラック1周)、1000m(トラック1周半)、ハロン(フライング200m)のタイムトライアルを行います。※ハロンとはバンクの一番上から加速した状態でタイム計測を行います。

 

一般の方が自分の実力を知るのに、タイムトライアルに参加することができます。また大きなイベント時には、タイムの良かった上位者で模擬レースなども行います。

 

はじめてのバンク走行「動画を公開」

実際にBJnet編集長いっしーが川崎競輪場で走行した時の動画になります。

 

その際に、プロの競輪選手が育成選手をバイクで引っ張っている映像やバンクの傾斜を見ることができますので、次回参加してみたい人の参考になればと思います。

 

以下、動画のトピックス(動画時間:3分01秒)

——————————————————————————————–
15秒:バンク走行スタート

37秒:アマチア選手の走り(時速60Km以上出ています)

42秒:声をかけ前方にいる人を追い抜きます。

58秒:ラインの中に入って走行します。

1分14秒:神奈川支部支部長:吉田選手の通過

1分45秒:バンクでの追い抜き(傾斜を登っています。高さを確認ください)
——————————————————————————————–

バンク走行の魅力について

川崎競輪場

バンク走行の魅力は、速度制限もないので自分の実力を試すことができ、自転車本来の操作性、コントロール性を磨くこともできることだと感じました。

 

またバンクでは一般道のように障害物もなく路面抵抗が少ないので思う存分、特に初心者の方でも自分の力を試したいと思っている方にはいい経験ができると思いました。

 

バンク走行の魅力にはまった参加者の皆さま

BANK09の参加者 BANK09の参加者

BANK09の参加者 BANK09の参加者

BANK09の参加者 BANK09の参加者

上は70歳の方から下は15歳の中学生の方まで、楽しそうにバンク走行のイベントに参加されていました。

 

多くの方がロードバイクからシングルスピードに興味を持たれ、そこからシングルスピードの魅力にはまり、そしてバンク走行の虜になったとお話ししてくださいました。

 

また大ベテランの吉田さん、細根さんも自転車歴が長く、世代、年齢問わずに楽しめるのが自転車の魅力であり、安心して楽しめるのがバンク魅力ともお話してくださいました。

 

川崎競輪場でプロの競輪選手とも会える

神奈川県支部支部長の吉田選手
URBAN TRACK CLUBが主催するイベントでは、実際にプロの競輪選手の走りがそばで見れる事もあります。

 

今回は日本競輪選手会神奈川支部支部長の吉田選手がいらっしゃいました。育成選手の練習の為、バイクで空気抵抗を減らした状態で選手を引く練習を行っていました。

 

実際に吉田選手と話しする事もでき、ホビーレーサーの為の脚の使い方を教えてくださいました。

 

URBAN TRACK CLUB|イベント開催のお知らせ

川崎競輪場でバンク走行できる

URBAN TRACK CLUBでは年2回、大きなイベントを開催しています。

 

今年は2016.5.8に川崎競輪場にてイベント「BANK(バンク)09」を開催します。

 

シングルスピードを体験してみたい、シングルスピードを知りたい、バンク走行してみたいと思っている方が気軽に参加できるイベントになっています。

 

個人情報の取り扱いについての同意が必要となります。

 

【BJnet枠 限定10名!BANK09 参加受付】は同意してクリック

 

URBAN TRACK CLUBはどのような団体ですか?

URBAN TRACK CLUB

URBAN TRACK CLUBはシングルスピードを体験してもらい、楽しんでもらう為の団体です。

 

また、日本国内ではシングルスピード(ピストバイク)のイベントが少ないので、バンク走行を体験してみたい方や自転車の操作コントロールを高めたいと思っている方、また単純に公道を走るよりも車や障害物がなく安心して走りたいと思っている方々に、シングルスピードの楽しさ、バンク走行の面白さを体験してもらいたいと思っています。

 

運営上で気を付けていること、来場者に気を付けて欲しい事を教えてください

 

プロの競輪選手が戦う場所なので、バンクを傷つけるような行為は禁止です。また怪我や事故を起こさない為にもルール、マナーを守れる方に参加していただきたいと思っています。

 

バンク走行での注意点について

ロードバイクとシングルスピードを一緒にはバンク走行できません。ブレーキがある自転車とブレーキがない競技用の自転車では操作性に違いがあります。

 

突然の急ブレーキをロードバイクで掛けてしまうと、シングルスピードはブレーキがないので回避できません。※公道を走る場合は、シングルスピードでも必ずブレーキの装着は義務付けられています。

 

また、ロードバイクの場合はバンクの上の方まで行くと、クランクが長く引っ掛かり落車の恐れがあるので無理のない走行を心がけて欲しいと思います。

 

URBAN TRACK CLUBに加入する際に必要な参加費など教えてください

  • 入会金1000円+年会費6000円(1回の走行費500円)
  • ビジターの人は1日1000円
  • シングルスピードのレンタルは一部有料(1000円くらい)になります。

 

URBAN TRACK CLUBについて、詳しく聞きたい場合はどうすればいいですか?

 

 URBAN TRACK CLUBのイベントの確認はどこですればいいですか?

川崎競輪場でバンク走行できる

Facebook公式ページでイベントの告知を行っています:URBAN TRACK CLUB(アーバントラッククラブ)

 

個人情報の取り扱いについての同意が必要となります。

 

【BJnet枠 限定10名!BANK09 参加受付】は同意してクリック