開催直前│ジャパンカップサイクルロードレースを見に行こう(その2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャパンカップ,宇都宮,トレック,2016

前回の「開催直前 ジャパンカップサイクルロードレースを見に行こう(その1)」は、金曜日開催のチームプレゼンテーションを紹介しましたが、今回は土曜日に開催されるクリテリウムを昨年の大会写真とともに紹介します。

 

宇都宮市内の中心部の大通りを封鎖して繰り広げられるこのクリテリウムは、2010年から大会に組み込まれました。

 

JR宇都宮駅や東武宇都宮駅からも近い会場で、1周約2kmのコースを複数周回するクリテリウムレースは、レース観戦初心者の方でも気軽に来場することでき、間近でハイスピードな選手の走りを体感出来るということで毎年観戦者が増えているようです。

 

ちなみに今年のジャパンカップは、例年1周1.55kmだったコースを2.25kmに延長。

パレード2周+レース15周で戦われます。

 

パレードランからスタート│ジャパンカップ2016

ジャパンカップ,愛三工業,レーシング,チーム,平塚吉光選手
クリテリウムに出場する選手たちが、ゆっくりコースを回りながらパレード走行します。チームによっては、応援グッズなどを配ってくれることもあります。写真は愛三工業レーシングチーム平塚吉光選手

各チームのチームカーもお披露目│ジャパンカップ2016

ランプレ,メリダ,ブルーノヴィチーノ,ジャパンカップ
翌日のロードレースでは、各チームのチームカーが追走して選手たちをサポートをします。各チームの監督やスタッフがハンドルを握るのですが、クリテリウムのパレードでは使用される各チームのチームカーと監督やスタッフの紹介もあります。写真は日本でもお馴染み、ランプレ・メリダブルーノ・ヴィチーノ監督

 

選手やチームの応援フラッグで応援を盛り上げよう│ジャパンカップ2016

早川朋宏,ジャパンカップ,ロードバイク,レース
ジャパンカップには海外、国内のチームがたくさん参戦します。ファンの応援も力が入り、チームの応援フラッグを掲げて応援すると、より盛り上がること間違いなしです。選手たちも喜んでくれます。

 

パレードランの時は、選手たちもゆっくり周回してくるのでより見つけやすくなります。(※クリテリウムの場合は、柵に応援フラッグを掲げることは禁止されているので、手に持つなどしてする必要があります。)

 

写真は、愛三工業レーシングチームの応援フラッグと、チームに所属する早川朋宏の応援フラッグ。イラストはロードレース界ではお馴染みの、がめんださんによるもの。

 

マトリックスパワータグ アイラン・フェルナンデス│ジャパンカップ2016

アイラン・フェルナンデス,ジャパンカップ,クリテリウム
SNSにも頻繁に登場し気さくな人柄でファンも着実に増えている、アイラン・フェルナンデス。今年もジャパンカップで走ります。トラック競技でも実績のあるアイランは、クリテリウムでの勝利を狙います。

ランプレ・メリダ 新城幸也│ジャパンカップ2016

ランプレ・メリダ,新城幸也,ジャパンカップ,2016
昨年は日本ナショナルチームで出場した新城幸也。ロードレースで昨年3位に入り、見事表彰台にのぼりました。今年はランプレ・メリダのエースとして登場します。

 

ニュートラルサービスの働きにも注目│ジャパンカップ2016

ニュートラルサービス,MAVIC,マビック
サイクルロードレースのニュートラルサービスでお馴染みのMAVICシマノも登場します。MAVICのイエローバイクは特に人気です。

 

レースがリアルスタートすると一気に本気モードに│ジャパンカップ2016

IMG_0065
パレードランが終了してリアルスタートすると、集団のレーススピードが一気にあがります。トレック・セガフレードファビアン・カンチェラーラがエースの別府史之のために、集団を牽引。その姿に会場も盛り上がりました。

 

今シーズンで引退が決まっているファビアン・カンチェラーラが、今年もクリテリウムのみですが登場します。

 

おそらく日本でのラストランになると思うので、生で観戦してその姿を脳裏に焼き付けるチャンスです。

 

沿道にはたくさんのファンが詰めかけて声援を送る│ジャパンカップ2016

IMG_0067
コースをぐるりと囲む沿道には、声援を送るファンの姿がとぎれません。

特に、スタート・ゴール付近は毎年多くのファンが集まります。

 

ゴール後には入賞した選手のウイニングランも│ジャパンカップ2016

IMG_0059
昨年のクリテリウムは、別府史之選手が優勝しました。

2位のチームスカイベン・スイフト、3位のクリテリウム・スペシャルチームスティール・ヴォンホフらと共に、コースをウイニングランしてくれました。

 

クリテリウムレースのライブ中継情報│ジャパンカップ2016

  • ・Jsports2 10月22日(土)午後3時〜午後5時30分(生中継)
  • ・栃木テレビ 10月22日(土)午後2時15分〜午後5時(生中継)

残念ながら会場に来れない人は、ライブ中継でレースを楽しむことも出来ます。

 

ジャパンカップ関連記はこちら

開催直前|ジャパンカップサイクルロードレースを見に行こう(その1)

開催直前│ジャパンカップサイクルロードレースを見に行こう(その3)