サイクルウェアの選び方|人気ブランド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイクルウェアの選び方、主要ブランドTOP5、女性向けブランド、オシャレで可愛いブランド

サイクルウェアの選び方
Tour of Alberta 2015 – Edmonton / IQRemix

ウェアの選び方の前に、まずサイクルウェアを着る必要性についてです。私服でも良いのではと思うかもしれませんが、サイクルウェアは安全性、快適性、吸水性が違います。

 

初めてロードバイクを乗る方の多くが、お尻が痛くて座ってられないと言います。

 

そこでサイクルパンツなどはパッドがあるのでお尻が痛くならず快適で、汗をかいてもすぐ乾くため汗冷えすることがありません。

 

気温別 ウェアの組み合わせ方

気温別 ウェアの組み合わせ方
Strongman / Cezary Borysiuk

  • 0~5℃  トップス+ボトムス+バラクラバ+キャップ
  • 5~10℃ トップス+ボトムス
  • 20℃~  半袖ジャージ+レーパン(寒ければサイクルジャージ上)

バラクラバとは 目と口だけが出た防止の成績名称です。ドラマなどで銀行強盗がよく被っている、目出し棒のことです。

バラクラバ
HAGLOFS/BOA HOOD / Kaizan2702.

価格帯はどのくらい?

やはり価格はピンキリになります。ネットなどで購入するのであれば、安いものだとジャージ上下セットで4千円以下、ジャージ上下にグローブが付いて8千円以下など、お手頃価格で多くの商品が売られています。

 

これからロードバイクを始める方などはお試しで購入できるので良いですね。

 

一方、高いものでは5万6万します。ではロードバイクのウェアとはどんなものがあるのでしょうか。

 

主要ブランドTOP5

1、PEARL IZUMI(パールイズミ

サイクルウェア PEARL IZUMI(パールイズミ)
PREMIUM PEARL / ryoichitanaka

PEARL IZUMI(パールイズミはとにかくサイクルウェアの老舗です。まず縫いが丈夫で、ほかのメーカーに比べてほつれにくく丈夫にできています。

 

生地も伸びにくいので、洗濯を繰り返してもあまり色落ちしないため長持ちします。

 

ロードバイクに乗る人を研究して製品が作られているので、着心地もよく評判がいいです。

 

2、SHIMANOシマノ

サイクルウエア SHIMANO(シマノ)
Eta. “Clásica José María Cordova” Rionegro 2013 / nuestrociclismo.com

SHIMANOシマノのウェアの暖かさに重点を置いています。STRVshimano thermal retentive value)という独自の単位を作り、STRVの合計数値で対応可能温度がわかるようにしています。

 

SHIMANOシマノ)は釣り用のウェアも扱っているため、暖かさに関しては抜群です。

 

3、mont-bell(モンベル

サイクルウェア mont-bell(モンベル)
mont-bell shop. / MIKI Yoshihito (´・ω・)

 mont-bell(モンベルの強みは速乾性です。「ジオライン」というオリジナル素材を作り、それを採用したアンダーウェアは速乾性に優れ、制菌効果もあります。

 

汗などの臭いの素となるバクテリアを現象させることで防臭効果を発揮します。汗をかいてもすぐに乾くため汗冷えの心配もありません。

 

※制菌効果とは、また善玉菌まで死滅させないよう限界レベルで制御」する技術。

 

4、Castelli(カステリ)

Castelli(カステリ)の売りは、通気性と軽さです。ロードバイカーはg単位でも重さを気にするのでウェアも軽いに越したことはありません。

 

Castelli(カステリ)の製品の中には70gのウェアもあるほどです。

 

さまざまな技術を用いた高性能なレースウェアを作っていることで有名です。

 

5、Giordana(ジョルダーナ)

サイクルウェア Giordana(ジョルダーナ)
4 Joe Welsh / Roxanne King

Giordana(ジョルダーナ)は他社に比べ、フィット感に優れており、それは「第2の素肌」と呼ばれるほどです。生地の裁断をはじめ、デザインからプリント、最後の縫い合わせまで全てを1つの工場で行っています。

 

技術力が高いことで評価を受けています。

 

SHIMANOシマノ)やmont-bell(モンベル)はスポーツ用品会社として有名ですが、PEARL IZUMI(パールイズミ)やGiordana(ジョルダーナ)、Castelli(カステリ)はサイクルウェア専門なので初めて耳にする人も多いのではないでしょうか。

 

女性向けブランドもある

サイクルウェア 女性向けブランド
perfect day for riding (365-282) / ** RCB **

上記にて紹介したブランドは、プロ選手も着ているような、いわゆるガチなウェアを多く扱っていますが、シティライド用や女性向けのウェアも最近では増えています。

 

オシャレで可愛いブランド

1、Rapha(ラファ)

サイクルウェア Rapha(ラファ)
Rapha jacket / Winniepix

Rapha(ラファ)はロンドンのサイクルウェアブランドです。原宿エリアに、ショップとカフェを兼ね備えた店舗を構えています。ウェアは、ピンクや紫など様々な色を扱っており、シンプルでスタイリッシュなものが多いです。

 

見た目はオシャレですが、機能性はバツグンです。

 

2、Terry(テリー)

サイクルウェア Terry(テリー)
Terry Fox Run 2014 / RunSociety.com

Terry(テリー)は女性ウェアを専門に扱うブランドなので女性の体のラインを考えているためフィット感が高いです。

シンプルなデザインの多いRapha(ラファ)とは違って、Terry(テリー)は花柄やヒョウ柄など、柄物が多いです。

 

街中をライドする際など、あまりガチなウェアで恥ずかしいという方にオススメのブランドです。

 

3、Velorution(ヴェロリューション)

サイクルウェア Velorution(ヴェロリューション)
vélorution universelle 2010 / rebecapaz

Velorution(ヴェロリューション)は「Urban Cycling Style」と自称しているだけあって、都会的でファッショナブルなウェアが多いです。靴下やグローブ、帽子などの小物も扱っています。

 

レディースはもちろんキッズ用ウェアも展開していますが、他ブランドに比べてまだ商品ラインナップが少ないです。

 

4、Vespertine(ヴェスパタイン)

サイクルウェア Vespertine(ヴェスパタイン)
Accidental lighting / MattysFlicks

Vespertine(ヴェスパタイン)はウェアというよりも、「光る普段着」というイメージです。工事現場の作業着のように暗いところで光ります。

 

チェックのロングコートやワンピースなど、他のブランドには無い商品を扱っています。

 

一般的なウェアは、速さを追求しているため体の形にピタッとフィットして風の抵抗を受けにくい作りになっていますが、Vespertine(ヴェスパタイン)はファーが付いているトップスやスカーフなど手広く扱っています。

 

5、ymx

サイクルウェア ymx
Jesus or Mary Hologram / Chris Hunkeler

ymxは女性用ウェアはもちろん、子供用や男性用など幅広く商品展開しています。

 

派手で奇抜なものが多く、虎のロゴが大きく入っていたり、全面和柄の商品などもあります。

 

ymxの商品の値段は相場くらいなのですが、セールの際は75%offなどに寝下がりするので手に入れやすくなります。

 

ロードバイク小物他|番外編

ウェア以外の小物を扱うオシャレブランドもあります。

1、Bobbin(ボビン)

ロードバイク グッズ Bobbin(ボビン)
Bobbin Bicycles Blowout! All Bobbin bikes on sale. Come by and get yours while quantities last! #sale #bikes #Los Angeles / ubrayj02

Bobbin(ボビン)はウェアの取り扱いはしていないのですが、ヘルメットやバイクに付けるカゴなどの小物は扱っています。バイクもカラフルで可愛らしいです。インスタグラムのアカウントも有り、とにかくオシャレです。

 

2、Basil(バジル)

サイクルグッズ Basil(バジル)
@bobbinbicycles To boldly wicker where few have wickered before. / ubrayj02

Basil(バジル)もウェアではなく、カゴやサドルカバー、手袋、ベルなど小物を扱っています。

 

ロードバイクにはカゴやベルなどは付いていないのでBasil(バジル)で購入して自分だけの自転車を作ることができます。花柄やドット柄のベルもあります。

 

3、Knog(ノグ)

サイクルグッズ Knog(ノグ)
Knog Party Combo Bike Lock / londoncyclist

Knog(ノグ)は鍵やライトを中心的に扱っています。籠やサドルカバーをオリジナルにアレンジしたら、鍵やライトも派手に自分らしくしたいですね。従来の鍵と同じ形状の物から、スタイリッシュな物まで、幅広いデザインがあります。

 

工具の取り扱いもあるのですが、これまたスタイリッシュです。パンク修理パッチに、かわいいイラストが描いてあったり、細部までオシャレでポップです。

まとめ

ロードバイクはお金がかかるイメージがあったのですが、上手に探せば安いものも沢山あることがわかりました。ロードバイクを始める際はまずお手頃なウェアを買ってみて、上達するにつれて値段の高いものを買って比較してみるのもいいかもしれません。

 

女性のロードバイク乗りも最近増えているので、レディースウェアも多くなってきましたが、女性専用やオシャレなウェアが沢山あって驚きです。

 

鍵やライトなどの小物もオシャレに変えて自分だけのオリジナルのロードバイクが欲しくなりました。 (BJnet記事制作者アイ)

コメントを残す

*


*

Optionally add an image (JPEG only)