ロードバイクカーボンフレームの特徴【解説】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーボンフレームの特徴【解説】

ロードバイク,カーボンフレーム

現在、ロードバイクの主流フレームとも言えるのがカーボンフレームです。強化プラスチックと炭素繊維を熱処理を行い、グラファイト化(炭化、ガラス化)させた素材です。

 

グラファイト化する事で、極低温から高温まで耐えられ強度が増します。軽くて丈夫で強いフレームが出来上がります。

 

炭素(カーボン:carbon)の特徴としては単体、化合物、両方において極めて多様な形状をとることができます。材質の特徴として形状の自由度が高いので、凝ったデザインにすることが可能です。

ロードバイク,カーボンフレーム

カーボンフレームの特徴とメリット

  • 劣化しにくい
  • カーボン繊維を固めているので、材質からして非常に軽い
  • 振動が伝道しにくいので乗り心地がいい
  • 重量剛性比が非常に優秀(踏んだ力をどれだけ逃がさないという力をいいます)
  • トータルバランスが取れたフレーム

 

カーボンフレームの特徴とデメリット

  • 材質が高いのでフレームコストが上がる
  • 落車や縁石にぶつけてしまうと割れてしまう
  • 想定方向の引っ張る力には強いが、想定していない方向に引っ張られると弱い
  • 一点集中の衝撃で破損してしまう
  • 割れたら一部を除いては、基本修復不可能

 

※最近のフレームでは、Trek(トレック)のMADONE(マドン)などはエアロチューブ形状で従来のフレーム構造よりも進化を遂げており、空気性能、快適性、走りの質、一体化システムを考え造られています。

 

※SPECIALIZED VENGE(スペシャライズド ヴェンジ)は5年ぶりに構造革新を行い5分を縮めるエアロロードマシンの開発を行った。今までのフォルムとは違い、フォーク部分からダウンチューブまでが一体形状になっており、風の邪魔になるもののほとんどがフレーム内に収納されている。