エアロロード風に改造してみた|平地仕様のリーサルウェポン?BOMATTバイク・ELAN-TT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロードバイクをエアロロード風に改造してみた

ロードバイク,エアロロード,改造

平地を速く走れるマシンにこだわりを持っている方なら、「TTバイクをエアロロード風に改造したら平地最強マシンが出来るんじゃないか?」なんて想像をしたことがないでしょうか?

 

考えたことはあっても、実際にはなかなかTTバイクのハンドルをノーマルに替えて、普通のロードレーサーにしてしまうのは勇気がいるのでトライした方は少ないと思うので、今回私が挑戦してみて、この疑問の答えを探ってみました。

 

使用したマシン:BOMA/ELAN-TTについて

BOMA,TT,ロードバイク,改造

BOMA社のELAN-TT。セカンドグレードながら基本性能が高いTTバイク

今回改造したのはBOMA製のELAN-TT(エランTT)と言うマシンになります。

 

同社のTTバイクとしてはセカンドグレードになりますが、基本性能がしっかりしており、平地の巡航能力が高いので、Jプロツアー(実業団レース)のタイムトライアルレースで使用していました。

 

しかし、私が近年シクロクロスに注力しているため、タイムトライアル競技にあまりでなくなったので、2016年はじめに思い切ってノーマルなロードレーサーへ改造し、レース参戦などインプレッションを重ねてきました。

 

もともと、TTバイクとして使っていた時も、高い剛性があり、加速がとてもクイックだったので「これはクリテリウムでも使えるのではないか」とずっと思っていたので、清水の舞台から飛び降りる覚悟で改造したと言う訳です。

 

TTバイクをエアロロード風に改造していく工程

ロードバイク,大会,エアロ,エアロフレーム,BJnet

これが実際にTTバイクとして使用していた時の写真。時速40キロからの伸びが素晴らしいTTバイクでした。

それでは早速、エアロロード風に改造していきましょう。

 

当初、UCIの規定に沿ってTTバイクとして組んでいたので、変更すべき点はハンドル、サドルの2点です。ハンドルだけではなく、サドルもTTとノーマルで異なります。それぞれどう改造した説明していきます。

 

ハンドルはノーマルなドロップバーに交換。ステムで細かい調整をすることも重要です。

 

TTバイクには通常DHバーブルホーンバーが着いていますが、このままではロードレースには出られないので、ノーマルなドロップハンドルに交換します。ハンドル幅やハンドルの形状(シャローかアナトミックかなど)は好みに沿って選びますが、1点注意すべきはハンドル位置の微調整をステムとコラム長で調整すると言うこと。

 

TTバイクをノーマルバイクに改造するうえで、厄介なのが、TTバイクはノーマルのフレームに比べてシート角は2度くらいたっていること。これはDHバーを握る時のポジションに合わせた設計で、ノーマルバイクに改造する時はサドルを後ろに引き下げる必要があります。

 

そして、サドルを後ろに引いた分、ハンドルの位置も後ろに下がります。それをステム長で調整することになります。私の場合は、ステムを10mm短くして対応しました。

 

また、TTバイクはDHポジションに合わせてハンドルを下げるためにヘッドチューブが短くなっていることが多いです。これについては、ステムの付き出し角度とコラム長で調整していきます。

 

ちなみにハンドルが変われば、レバーの形状も変わるのでSTIレバーを用意する必要があるし、ブレーキとシフトのワイヤーも張り直すことになる。この辺の出費も予算に入れて改造計画を立てて欲しい。

 

単にドロップバーに交換すれば良いと言う訳では無い

ロードバイク,ハンドル,エアロ,バー

ノーマル仕様に変更したハンドルまわり。

サドルはノーマルサドルに交換して、目いっぱい後ろに引き下げます。

次はサドルの交換です。

近年はUCI(国際自転車競技連合)の規定に沿いながら理想的なDHポジションを出すために、TTバイク専用サドルを使うことが多いです。

私もfi’zi:k(フィジーク)のTritone(トライトン)を使用していましたが、このままではノーマルバイクとして使いづらいので普通のサドルに交換しました。

 

TTバイク専用のサドルTritone

先端を大胆カットしたデザインで、ノーマルバイクとしてそのまま使うのは難しいです。

 

それと同時にシート角度が立っているため、ノーマルよりも20mm程サドルが前に出ているので、サドルを後ろに下げます。私の場合、目いっぱい後ろに下げてやっと20mm後ろに下がりました。

 

これで完成です。

 

文字にすると簡単ですが、ハンドルとサドルの位置調整は意外と苦戦しました。

そう言う時はすでに持っているノーマルなロードレーサーがあれば、そのポジションを参照しながら調整していくと作業がスムーズに進められます。

 

狙いは間違ってなかった|ELAN-TTが逃げて好し・スプリントして好しの平地スペシャルマシンに

ノーマルサドルに交換。シート角が立っているので、後ろに目いっぱい後退させる。

さて、エアロロード風に改造したELAN-TTに早速乗ってみました。

 

元々TTバイクだったので、ヘンな癖が有るかも知れないと最初は恐る恐る乗ってみましたが、これが案外癖の無いノーマルなマシンで、平地はもちろん速いですが登りもちゃんと進んでくれます。

 

ポジションについても、最初にしっかり適正なポジションを出しているので乗車時に違和感がなく、ブレーキもあえてノーマルブレーキを標準で採用しているので、普段のロードレーサーと同じフィーリングでした。

 

それもそのはず、このBOMAの開発担当者に話を聞いたところ、同社のTTバイクはトップグレードのSWOOP(スウープ)に関しては、DHポジションでの速さを突き詰めたTTバイクになっており、セカンドグレードのELAN-TTについては、TTバイクに必要な平地の巡航性能を高めつつも少しノーマルな味付けにしてあるとのことでした。

 

特にトライアスロンなど、1台でどんな状況でも走る用途を意識した設計だそうで、まさに平地を重視したロードレーサーとして使用するにはピッタリの設計でした。

ロードバイク,レース,規定,ルール

(photo:(c)gg_kasai)

ここでお墨付きをもらったことで自信を持ち、実業団レース(E2クラス)の平地のレースに実戦投入してみたくなりました。

 

 

エアロロード風ELAN-TTはクリテリウムにもってこいのマシンに!

ロードバイク,平地,エアロロード,巡行

さて、ここまで来たらこの平地スペシャルマシンを実戦で試してみたい。

そこで出たのが、実業団のクリテリウムレースです。平地のショートサーキットを走るレースであり、まさにこのマシンの実力を見るには最適なレースだと思いました。

 

実戦投入は大成功!

レース中は何度もアタックを掛けたましたが、リアの剛性が高いので仕掛ける時は一気に加速し、一度飛び出せば元TTバイクの本領を発揮し、高速で逃げ続けることができました。そして、コーナーでも変な癖も無くクイックに曲がれるので、高速でコーナーに突っ込み、立ち上がりでアタックを仕掛けることも出来た。

 

実戦投入。平地のレースでアタックをかけるのに最適でした。

 

残念ながら、一人で集団を千切ることは出来ず、何度かアタックを掛けたものの、最後は集団でのスプリントへ。途中で脚を使い切り、苦しい状況でしたが、スプリントのかかりも良いマシンだったので何とか5位入賞を果たせました。

 

もともと、某大手メーカーの最新エアロロードフレームもTTバイクにドロップバーを付けて走れるようにすると言うコンセプトで開発されたらしく、こう言う改造自体間違っていないだろうとは思っていましたが、レースで使いエアロロード風ELAN-TTはレースで充分いけるマシンだと確信が持てました。

 

エアロロード風に改造してみた|まとめ

 

如何でしょうか。今回紹介したBOMA製のELAN-TTのように、各メーカーのセカンドグレードのTTバイクは意外とノーマルに近い仕様になっており、エアロロード風に改造するのもなかなか面白いのではないでしょうか。

 

エアロロードを手に入れれば手っ取り早い話ですが、リアセンターが短くシートが立っていることなど、TT使用独自の味付けが、エアロロードには無い味わいを出しているので、あえて王道を外して、こう言うバイクに乗ってみるのも楽しいかも知れません。

 

BJnetではこんな活動を行っています!

町おこし,ロードバイク,撮影,宣伝

ロードバイク,宣伝,サイクル用品

自転車,開業,オープン,資金