2019Jプロツアー開幕! JBCF修善寺ロードDay-1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2019年 Jプロツアーが開幕!

2019年3月16日(土)、静岡県サイクルスポーツセンターに於いて、今年度初戦となる「第2回JBCF修善寺ロードレース Day-1」が開催されました。

トップカテゴリーのP1には106選手が出場、5キロサーキットを12周する全長60キロで争われました。

雨が心配される予報でしたが、晴れ間も覗く曇り空。

60キロのレースがスタートします!!

小さなアタックがいくつか吸収された後のレース中盤、8人の逃げ集団ができます。

逃げ集団はスピードを緩めず、後方のメイン集団と1分ほどのタイム差をつけます。

 

宇都宮ブリッツェンがメイン集団の先頭をひきますが、思惑の違うチームの協調が得られず、スピードの速い逃げ集団に追いつくには至りません。

残り5キロで逃げ集団が崩壊し…

逃げ切ったオールイスアルベルト・アウラール選手(マトリックスパワータグ)が優勝!

ステージ優勝に加え、今シーズン現時点での「一番強い選手」を示すプロリーダージャージにも袖を通しました。

 

 

 

 

 

 

新企画が目白押し! 敢闘賞やGO!GO!ペダルラボ

 

 

 

 

 

 

 

今年から新設された敢闘賞には、序盤からアタックを仕掛け、逃げ集団にも加わった石橋学選手(チームブリヂストンサイクリング)が選ばれました。

また、各大学のミスキャンパスが集まったキャンパスラボによる「GO!GO!ペダルラボ」が始動。

これは自転車競技を女性の目線で盛り上げていくというプロジェクトです。

「自転車競技って何?」「競輪と違うの?」という女性たちが自転車競技を学び、レースのレポートや、会場を盛り上げるイベントなどを行います。

石橋選手との記念撮影時には、自転車選手特有の筋肉のつき方に興味を持っていたようです!

そして、観戦がより深く楽しめる「JPT VIP TICKET」も新設。

フィニッシュ地点での観戦やポディウムでの記念撮影など、選手・レースを身近に感じられる企画です。入賞選手のサイン色紙も観戦の記念として喜ばれていました。

修善寺ラウンドは先着20枚(2000円)の設定でしたが、会場規模によって枚数の変動が予定されています。

 

 

 

 

 

 

 

3月17日(日)は、開幕戦と同じサイクルスポーツセンターを会場に第2戦が行われます。

距離は2倍の120キロ!

インターネットでのライブ中継も行われます→Jプロツアー中継

BJnetのTwiterやInstagramで情報チェック

BJnetはレース会場やイベント会場にも出没して、TwitterやInstagramでも紹介しています。ブログに掲載されていない写真もたくさんアップしていますのでぜひチェックしてみてください。
Twitter:@b_jnet
Instagram:@bjnet_roadbikelove