2018ツアー・オブ・ジャパン観戦に出かけよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月20日(日)、今年も初夏の恒例レース、ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)が開幕します。

ツアー・オブ・ジャパンって?

 

UCI公認国際自転車ロードレース「NTN presents 2018 Tour of Japan」

1996年の初回より、今年で21回目を迎える日本最大級のステージレースです。
初日の大阪堺ステージを皮切りに、毎日東上しながらレースを行い
最終日は東京ステージでゴール。8日間8ステージで開催されます。

5月20日(日)堺ステージ(大阪府)
5月21日(月)京都ステージ(京都府)
5月22日(火)いなべステージ(三重県)
5月23日(水)美濃ステージ(岐阜県)
5月24日(木)南信州ステージ(長野県)
5月25日(金)富士山ステージ(静岡県)
5月26日(土)伊豆ステージ(静岡県)
5月27日(日)東京ステージ(東京都)

詳細は大会公式ページをご覧ください
http://www.toj.co.jp/2018/

ツアー・オブ・ジャパン観戦に出かけよう!

ツアー・オブ・ジャパンでは、コースをぐるぐると走る「周回コース」が採用されているため
同じ地点で何度も選手を応援することができます。
また、NTN「回る学校」をはじめとした協賛企業ブースも軒を連ね
ご家族連れやロードレースを知らない方も楽しめる大会です。

週末のお出かけに、ツアー・オブ・ジャパンをぜひご検討ください!


タイミングが良ければ選手と一緒に記念撮影も!

観戦に出かけやすい、首都圏に近い2ステージをご紹介!

5月26日(土)伊豆ステージ

 

 

 

 

 

修善寺駅をスタート、パレード走行をしたのちに日本サイクルスポーツセンター周回コースを9周します。
周回コースは起伏に富んだレイアウトで、山に強いクライマーや登れるスプリンター向けのコースです。

山岳地点で観戦する際にはスニーカーなど歩き慣れた靴での来場をおすすめします。
また、コース奥深くでは自動販売機が少ないので水分補給にも注意しましょう。
お子様連れの方はゴールに近いホームストレートや少し先に歩いた芝生エリアなどがおすすめ。
シートをひいてゆっくりと観戦できるスポットを見つけてください。

5月27日(日)東京ステージ

ツアー・オブ・ジャパンの最終ステージです。
日比谷をスタート、パレード走行をしたのちに大井埠頭の周回コースを14周します。

周回コースは工業地域を使用する平坦なレイアウト。
スピードが落ちる曲がり角では選手への声援が届きやすく、ゴール前の直線ではダイナミックな走りを見ることができます。
コース性質から大きな差がつくことは少なく、大集団でのゴールが予想されます。
ピュアスプリンターに有利なコースですが、チームで隊列を組むなど、ゴール前でのチーム戦術も見所です。

大会中はインターネットスポーツメディア「スポーツブル」様が
毎日無料でライブ配信も行います。
https://sportsbull.jp/toj-2018/

BJnetSNS班もいくつかのステージを観戦予定です!こちらもぜひご覧ください
ツイッター:https://twitter.com/b_jnet
インスタグラム:https://www.instagram.com/bjnet_roadbikelove/?hl=ja