初心者でもわかるロードバイクのフレームの違い【まとめ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロードバイクのフレームの違いについて知る

ロードバイクフレームの違い

初心者の方からすると、自転車(ロードバイク)のフレームの違いは分からないと思います。そこで、まず知って欲しいのが自転車(ロードバイク)のフレームの違いです。

 

ロードバイクをこれから始めようと思っている方やロードバイクの購入選びに悩んでいる方は、特に自転車(ロードバイク)フレームの特性を知る事で、自分に合った自転車ライフを始める事ができます。

 

決して自転車(ロードバイク)のフレームも安いものではないので、クロモリフレーム、アルミフレーム、カーボンフレームの長所、短所を学ぶ事で自転車の乗り方、楽しみ方も大きく変わってきます。

 

スチールフレームの特徴【解説】

ロードバイク,クロモリ(スチール)フレーム

代表的な自転車 フレームとも言えるのが、このスチール(鉄)フレームです。主に鉄を主成分とした合金で作られています。

  • クロモリブデン鉄
  • ニッケルクロムモリブデン鉄
  • マンガンモリブデン鉄などがある

 

自転車フレームの中でも、スチール(クロモリ)フレームは一番歴史が長いフレームだと言えます。ロードバイク、シクロスバイク、マウンテンバイクなどのほぼ全ての自転車に使われてきています。

 

またスチール合金の中にも、 クロモリと言われるクロームモリブデンやマンガンモリブデン 、ニッケルバナジウムクローム、ハイテンション銅、ニオブスチール、ステンレスなど種類があります。

 

強度や耐久性が強く高い事から、クロモリフレームの根強いファンも多く、10年20年は乗り続けている方も多いのがこのフレームの人気の特徴です。デザインも洗練されたデザインから、シンプルでシックなデザインもあり、何年経っても飽きがきません

 

年月が経てば経つほど愛着が湧き、いつの時代になっても愛されるフレームが多いのも特徴的だと言えます。

ロードバイク,クロモリ(スチール)フレーム

スチールフレームの特徴とメリット

  • 乗り心地がいい
  • 耐久性が高い
  • 素材が丈夫で壊れにくい
  • 素材の強度が強いので、スッキリとした細いパイプが作れる
  • 細いパイプの場合、たわみ易く(しなる)振動吸収性がいい
  • 自分に合ったフルオーダーがメイドができる
  • オーダーの場合、パイプを凹ますよな大きなダメージがあっても修理を受け付けてもらえる
  • 錆びない限り長く使用できる

 

スチール(クロモリ)フレームの特徴とデメリット

  • 鉄なので基本重い
  • 濡れた状態だと錆び易くなる
  • 細いパイプの場合、たわみ易く(しなる)強くペダルを踏み込むと力が逃げてしまう 

 

アルミフレームの特徴【解説】

ロードバイク,アルミフレーム

初心者から上級者までもが楽しめるフレームが多いのがアルミフレームの特徴です。それだけでなく、錆びにくく値段も安い事から爆発的な人気があります。

 

柔らかく加工しやすい面もあり、軽量なフレームが作れるのも魅力的です。

 

スチールやチタンなどの金属と比べると寿命が短い傾向にあります。また、スプリントなどのパワーを逃さないので、踏み込んで漕いだ力を推進力に変えてくれるのが大きなメリットでもありアルミフレームの特徴です。

 

 

現在の主なアルミニウム合金フレームの種類として

  • 6000系
  • 7000系に分けられます

フレーム以外では2000系のアルミ合金が使われています。

アルミニウム合金6000系の特徴

強度は7000系より落ちますが、アルミニウム、マグネシム、ケイ素を主にする合金です。力を加え変形させたのち、力を抜いても材質が元に戻らなに性質の事を塑性加工といいます。複雑な加工ができるのがメリットでもあり、大きな特徴だと言えます。

アルミニウム合金7000系の特徴

日本で開発された超々ジュラルミンはアルミニウム合金の中でも最高レベルの強度を持っています。アルミニウム、マグネシム、亜鉛を主にする合金です。

 

 

7000系の大きな特徴としては、軽量で剛性の高いフレームですが非常に硬い面もあり加工性が悪い事からコストが高くなってしまう。7000系はダウンヒル用やマウンテンバイクなどに使用される事が多いです。

ロードバイク,アルミフレーム

アルミフレームの特徴とメリット

  • コストが安く初心者向けが多い
  • 密度が低く(軽く)、軽量なフレームが作りやすくなっている
  • 上級モデルはカーボン並みに軽い
  • 剛性が高く力が逃げずに、漕いでる感がある
  • カーボンキラーと呼ばれているキャノンデールのCAAD12はカーボン並みに軽い

 

アルミフレームの特徴とデメリット

  • 経年劣化が早く金属疲労で壊れることがある
  • コストは安いが硬く乗りこなすの難しい
  • 振動が体にダイレクトに伝わりやすい

 

 カーボンフレームの特徴【解説】

ロードバイク,カーボンフレーム

現在、ロードバイクの主流フレームとも言えるのがカーボンフレームです。強化プラスチックと炭素繊維を熱処理を行い、グラファイト化(炭化、ガラス化)させた素材です。

 

グラファイト化する事で、極低温から高温まで耐えられ強度が増します。軽くて丈夫で強いフレームが出来上がります。

 

炭素(カーボン:carbon)の特徴としては単体、化合物、両方において極めて多様な形状をとることができます。材質の特徴として形状の自由度が高いので、凝ったデザインにすることが可能です。

ロードバイク,カーボンフレーム

カーボンフレームの特徴とメリット

  • 劣化しにくい
  • カーボン繊維を固めているので、材質からして非常に軽い
  • 振動が伝道しにくいので乗り心地がいい
  • 重量剛性日が非常に優秀(踏んだ力をどれだけ逃がさないという力をいいます)
  • トータルバランスが取れたフレーム

 

カーボンフレームの特徴とデメリット

  • 材質が高いのでフレームコストが上がる
  • 落車や縁石にぶつけてしまうと割れてしまう
  • 想定方向の引っ張る力には強いが、想定していない方向に引っ張られると弱い
  • 一点集中の衝撃で破損してしまう
  • 割れたら一部を除いては、基本修復不可能